サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
地元の活性化とは

2泊3日野お客さんを案内して、15日を十日町のそばや、16日は津南のソバ屋で

昼食をとった。祭日なので両方ともいっぱいだったが、津南のソバ屋が満員だった

ことがうれしかった。

町中心部の停滞が言われながらもこのようにお客が入っているのだ。

お客は全部町外の人だろう。地元は無関心。地元町民にお客になってもらう

工夫を何にもしないという批判。けれども地元民は必要な商品があれば行く。

最近開店した蔵カフェという店は、地元より十日町のお客が多い。

地元の人は学校に子供が通う母親がお茶飲み場に利用する。

今までこのような店がなっかた。しかしほとんどの地元民はいかない。

必要ない、生活習慣化していない。

地元に役立つのか。通過するお客を呼び込むのか。どちらでもよいのだろう。

このよう意見が出るかどうかで活性化のカギが見つかる。

日々 10:37 comments(0)
津南町未来会議

未来会議は今月の25日の会議で予定が終わる。

津南の活性化をどうするかという目的で始まった。

根底にある住民の意識が何かという確認が初日で、

経済対策として観光と農業が取り上げられたが、マイナス意識として

住民の消極性を上げる声が多い。

原因は昔からの伝統的なものだろう。参加者の半分近くが30代40代

で、自己批判めいたものだ。特に町の中心街の商店街の沈静化だある。

地元商店街の団体があるが、活性化を求める相手が役場になっている。

自分たちの活性化意識がないも同然。それでも夏と冬の観光まつりでは

動きが出ている。やはり若手の意識と行動だ。

この会議で役場に期待する声があるかというと少ない。外部の力の

導入を期待というのが多い。いわゆる役場がよくやるコンサルタントの研修会だ。

これは会の相談役の清水慎一氏が初めから否定している。

彼のいうには、否定的意識を徹底的に掘り下げて底に行きあたったところから

始めたいという。本当はそうだが、ここで出来るのか。制限がありすぎる。

300万円の予算を国の方から引き出して参加者の費用に充てて、という状況が、

どいうことなのか。いっそボランチアで活動すべきか。

韓国の反日デモの参加者には日当が出ているそうだ。金が出るからという発想が

お役所仕事だが、それでもこのような行動を起こす役場職員を評価したい。

日々 10:15 comments(0)
今の気温は20度

一気に気温が下がり、20度になった。

昨日から稲刈りが行われたいるが、今日は雨天で中止だ。

雨が稲穂を濡らし多くなって倒伏する姿が多くなった。

私の稲は肥料をやらないので倒伏しない。穂肥という

稲穂が出る前に、米粒を大きくするという目的で肥料を

散布するのが一般的な方法である。追肥という。

天高く馬肥ゆる秋、という言葉は今は当たらない。

ここ数年秋雨前線が停滞して、秋晴れがない。

自分の田んぼは、稲刈りして天日干しだが2週間以上でも

乾燥しない。

環境が変化しているのは、台風にも表れている。15号の瞬間最大風速

57メートルの直撃被害で大規模停電の房総半島だ。屋根瓦が飛んでいる。

7月の雨が降らないのがどこかで帳尻を調整するかのように異常天候となる。

 

この地域の周辺では、そばの花が満開で美しい。異常天候でも雑穀類の生育は

無関係だ。先日、ミツバチの様子を見てはちみつを採取した。1群なので

少量だが10キロ程度が取れたろうか。今年は5群ぐらいはやりたいはずが

管理の不手際もあってかろうじて残った一つである。

日本ミツバチがだめなら、西洋蜂の購入も考える。

 

玉ねぎの苗は順調、ニンジンは灌水ホースがあったところは良いが、はずれたところは

発芽しない。それほど熱帯乾燥だった。キャベツ白菜ねぎ大根は良い。

日々 09:43 comments(0)
9月になった

9月に入って、相変わらずの天候である。

心配していた秋野菜の種は、発芽していた。玉ねぎもよい。

ニンジンは何とか出ている。

秋そばの白い花が咲きだしたので、ミツバチの訪問が期待される。

異常気象の一つが、スズメバチの姿がないことだ。全然ない。

そば蜜の収穫があるといいのだが。

普通なら今頃は巣箱の前に襲来して大騒ぎなのだが。

稲作は平年作になるだろうという予測だ。稲穂が色つき始めた田んぼがある。

 

韓国の対日批判の様子が次第に明らかになってきた。文大統領の側近の

不正疑惑隠しというのだけではないだろう。

戦争の被害国という立場なのに、欧米の戦勝国から認められなった恨みだろう。

1948年以来、韓国の政権は日本と協調してきたが、利用された、いいように

儲かる仕事の相手になってきた。日本の政権の中枢は、岸、佐藤、安倍、の系統にある。

それが反安倍という文字になっている。従軍慰安婦と徴用工には個別的に賠償すると

あちらの政府に通告したが、まとめて払えということでそうした。

実際は本人が受け取った金額は半分だった。あとの半分はどへ消えたか。

道路鉄道などのインフラ整備に回ったということらしい。

インフラ整備に日本企業が参入している。韓国の経済復興に役立っているが、

日本にカネが回ってくる構図でもある。

賠償金の支払いが、韓国を利用したカネもうけになっているというのが、

文大統領の反日行動になっているのだろう。

20年後には北の国と統一政権を作るといっているが、果たしてそうなるのか。

日本の国会議員に変な人の発言が出てきた。冷静に考えることだ。

日々 15:59 comments(0)
猛暑去る

猛暑のさなか、18日に玉ねぎの種をまいた。

そのままでは危険と思い、黒いネットをかぶせた。そのあと、

大根などの秋野菜の種をまき、7月にたねをまいて苗を作っていた

キャベツ白菜を植えた。キャベツは白菜より生育に時間がかかる。

台風10号の雨は期待できなかったが、気圧の配置が変化して猛暑が

収まって来たようだ。雨模様があって、新芽が生まれている。

草の勢いは変わらず、連日の草刈りである。

先日の日曜日は、十日町を自転車で走る競技あり、90名が参加した。

3コースあり長いコースが120キロある。

参加した人が終了後宿泊されたが、ゴール前数キロのところで土砂降りの雨に

出会い、危険と思い途中棄権したと話してくれた。

7月末に播いたニンジンは、少し発芽してきたがどうなるのか。

明日から雨模様の日々になるようだ。

 

津南では9月の中頃まで集落の祭りが行われる。大型集落では花火を打ち上げるので、

毎日のように音が聞こえる。神輿が練り歩くような祭りではないが、集落にある神社が

中心になる。

日々 11:42 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS