サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
蜂蜜採取

白いソバの花が満開で、巣箱を調べたら蓋をかぶった蜜をため込む

枠がたくさんあるので、蜜を取り出して缶に移した。

そばの花はまだ咲いているので、これからも入ると思う。

枠から包丁で掻き出すように下へ落とす。蜜は残っているが、

その枠をまた戻す。蜂は蜜の入る枠を作る。来月に入ったらその後の

様子を見てみたい。越冬用の食べ物を確保する必要がある。

欲張って全部取り出して、死に絶えたという話を聞いたことがある。

少なかったスズメバチがたくさん来るようになった。

巣箱の前で飛んでいる蜂を前足で抱え込んで飛び去って行くが、

ハチに絡まれて動きが鈍ってくると、数十匹の蜂が集まり蒸殺してしまう。

その時の温度は40度になる。

これは日本ミツバチの特性で西洋ミツバチには見られない。

アメリカにはいないので輸入したいと希望があったが、断ったという、

在来種の会の会長さんである。コロナの問題でもあるが地域に生きる

絵異物がヒトの都合で移動することで、生態系の異常になる。

 

菅政権が発足した。安倍政権の継承が主になるのか、コロナ対策という

問題のもとで難しい仕事である。go-totravelの評価は良くない。

にぎわっているのは、高級宿泊のホテル旅館らしい。申請手続きが

わからないから、面倒になる、という理由。

新幹線の乗車率が30パーセントで、旅の楽しみという目的観を持てない。

旅に出ても、マスクと消毒が欠かせないという自己規制がある。

eatトラベルも行うが、政策としてだけで効果なしになるようだ。

農家民宿の現状は厳しい。無収入である。人が動かない、ということに尽きる。

紅葉の時期がやってくるが、不安が大きい観光地である。

 

日々 09:59 comments(0)
赤とんぼ舞う

昨日、田んぼと畑で赤とんぼが飛んでいた。この暑さでどうしていたか

気になっていたが、昨日から気温が低くなり、夜は26度でかなり

しのぎやすい。今日は荒れた天気で気温も下がるだろう。

ミツバチは、スズメバチが襲来するようになったが、数が少ない。

稲刈りを始める農家が出てきたが、天候次第で進むだろう。

昨日、八海山の酒造会社の人が来て、コロナウィルス禍で、お酒の売れ行きが落ち込み、

レストランも来客が減少したが、甘酒が好評であるという。しかしこのままという訳でなく、

合理化経営を目指すという。本来の酒造部門が売り上げ減少では困る。

居酒屋の倒産が増えているから、酒も売れない。ゴートートラベルやイートトラベルが

トラブルにならなければいいが。ブドウやナシなどの高級果物の盗難が増えている。

リンゴやクリ、カキなども被害になるかもしれない。

安倍総裁から菅総裁になっても方向を継続するというから、ご都合政治が続くのか。

幹事長を誰にするのか。まさかご本人が幹事長を兼任するのか。

かけもり問題をそのままにするらしいが、コロナウィルスと闇が続く。

日々 16:20 comments(0)
フエーン現象

台風10号の影響で新潟地方はフエーン現象になっている。

真夏日と熱帯夜も重なり、つらい日々である。それでも日中の様子は

外仕事は少し楽になったろうか。

報道は、コロナ、台風、安倍辞任、殺人事件と、鬱になるような内容で占められている。

 

農業は稲刈りが始まった。8月の熱帯夜の影響で品質が心配で、強風の日と大雨があり、

稲が倒伏している田んぼが多い。この炎天下で稲刈りはきつい。機械が仕事をするから

苦労はないと豪語する若者もいる。

秋野菜の種まきだが、この天候で発芽が気になる。玉ねぎは種の播き方が少なくて

不良となった。仕方ないので店に苗の予約をした。

野菜特売所では、トウモロコシを買い求めるお客が今も殺到している。

県内で大量に作付しているところは、津南の島田さんというところだけらしい。

鬼モロコシというブランドが評判でネットの掲載がお客を呼んでいる。

 

安倍辞任では、県下では何回か安倍総理が選挙の応援に来ると自民党候補は落選している。

安倍総理か自民党か、嫌われているのは事実だ。塚田一郎さんが安倍総理の地元で

忖度発言をしたことも影響している。今度の選挙には、女性問題で県知事を辞任した

米山隆一さんが野党から立候補をする。室井さんという著名人と結婚したので当選の確率が高い。

津南町では保育園の改築問題で、役場の方針に異議を唱える住民団体が抗議行動を起こしている。

桑原はるか町長が進めるdmo関連で方向を諮問する委員会が会合を持っているが、具体性に欠けるという声

が委員から出ている。観光協会のあり方と対立するからだ。何もしないdmoになるかもしれない。

コロナウィルス禍が続く間、鬱の状態があるのだろ言う。

この異様な暑さの中での稲刈りはやりたくない。赤トンボを見かけない。コオロギが鳴かない。

ミツバチは、そばの花が咲いているので、はちみつを期待したい。

日々 10:03 comments(0)
異常な残暑

9月に入ったが残暑が続く。

自分のところではスイカ作りに失敗したので、野菜の直売所に買いに出た。

3か所回ったが、ないのだ。ある店では、もう終わったという。また、

苗を植えたが、腐ってしまったという。私の場合もそうだ。

トウモロコシの人気が異常で、特に津南さんの、鬼モロコシというものに

お客が殺到している。まとめ買いしている人がほとんどで、知り合いから頼まれて

買いに来たという。柏崎、上越、長岡など県内客だ。ついには鬼モロコシの

偽物が出てきた。生産者から直接買う人からの知らせで発覚した。

中にはこんなひどいものがあったと苦情が来たので、これが本物だと

送ったところ、まさかこれが、と驚いたとからの電話があったとか。

評判が伝わり、新潟放送が取材に来たが、テレビで放映されるという。

山ブドウの収穫を9月の中頃に行うが、今年はもう収穫時期になった。

この暑い時にやるのが面倒になっているが近いうちにやる。

ミツバチでは、大きなスズメバチの襲来がない。蜜蜂を抱えて飛び去る

姿がない。田んぼは稲刈りが始まるようだ。8月の猛烈な暑さで米の質が

どうなるのか。ニンジン畑ではスベリヒユが繁茂している。

玉ねぎの種をまいて、一昨日の雨で発芽が始まったが、やはりスベリヒユが

はびこっている。草にとってはこの時とばかりに固い茎になり、草刈りが面倒だ。

クマの出没情報が多い。ブナなどの木の実がないので、人里に来て畑を荒らしている。

酪農家が作る牛用のモロコシ畑に入り食い荒らしているが、まだ身が入らないものを

食べている。見た人はガリがりに痩せているという。

例年とは異なる様子がいろいろと出てているが、夜の熱帯夜がつらい。秋風を感じる

夜があったが、あの時だけだ。日中の農作業がつらい。

 

コロナウィルスと安倍総理の辞任表明と、異様に思える時が流れる。

潰瘍性大腸炎は強かった。

 

日々 15:01 comments(0)
今の農作業

8月も末になり。秋風めいた空気を感じる。

水田の稲は穂が出ている。自分のところは出そろっていないが、周囲の田んぼは、

ほぼ出ている。近頃の高温で収穫がどんなようになるか。

自分ところは、大腿骨骨折の治療もあって、田植えが不十分、除草もよくないと

投げやり半分なのだが、今日はひえ取りに田んぼに入った。草は思ったほどは

ひどくなく、ひえも少ない。自分の足取りもよい方向に来ていて、転びそうな

様子もない。結果はわからないが半端な田んぼにしてはよくできている。

すでに始まっている収穫だが、かぼちゃは豊作きゅうり、ゴーヤ、トマト

キャベツ、が良い。ナスは最近になってとれるようになった。トウモロコシ

もよくなった。刀豆を作っているが豊作で、去年は塩漬けにしたものを砂糖と醤油につけた。、今年は

醤油漬けにしている。使ったものを食べるが、漬け汁が残るので捨てずに

ビンに入れて保存して、調味料にして使う。大根おろしに使う。上にカビが生まれるが、

使っているうちに消えた。

ニンニクとらっきょは良くない。9月に入るとニンニクの植え付けだが、食べる方に回らないようだ。

玉ねぎは良かった。昨日はイチゴの整理をした。草取りと親株と子株の整理。ランナーの先にできた

子株をポットに植え替えて育て、根巻きしたら、古い親株と取り換える。

骨折の後で足元が不安定の時に畑を作ったので、草だらけになっている。草だらけの中で

エゴマが大きくなってきた。

コロナウイルスと畑は無関係のようだが、除草剤という農薬の使い方と関係があるだろう。

アメリカの農薬企業の製品から初がん性物質が検出されている。

稲のカメムシ防除の二コチノイド系農薬には発がん性は見えないが、脳細胞にはいり、

こどもの発達障害の原因の指摘されている。これは稲とカメムシだけではないのだ。

広範囲に影響がある。環境問題として考えてほしい。

 

日々 14:38 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS