サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
ジオパークガイド研修

来週の23,24日佐渡でジオパーク中部ブロックの研修会が行われるので

参加を進められて出ることにした。冬まじかで服装はどうするか、船に乗るから

海は荒れるか、この時期として気が乗らないこともある。秋じまいであれこれ

整理もしてという時で、雪対策がある。

除雪機整備、冬タイヤ交換、雪囲い、野菜収納、大根干しをたくあん漬け、

他細くあるうちに初雪だ。

ジオパークの行事が12月もあって仲間の人ができてくるのが楽しみ。

ガイドという任務が少しでも楽しめればやりがいになる。

グリーンツーリズムにこの役場は熱意がない。グリーンツーリズムとジオパーク

はおなじと思えばいい。前が農水省国土交通省、後ろが文科省の縦割り。

日々 10:49 comments(0)
秋山郷紅葉でトラベル、ガイド本番

紅葉でトラベという秋山郷のツアーである。国民文化祭新潟大会という名目。

主催は新潟県らしい。企画を役場、運営は森宮交通。県からは予算が組んであるようだ。

10月、11月の土曜日曜日の指定があるらしい。

ジオパークの会長から、急な話で決まったから、ガイド当番に入ってほしいという。

町長が森宮交通に来てどうしても取り組むようにという急なこと。森宮の社長が怒ったそうな。

春ごろからきていた指示を受けていたのに忘れていたようだ。

観光バス業者のツアーと森宮交通の二つがあり、後者は個人客である。

私は9日土曜日を指定してガイドを行った。

心配が頭をよぎったが、そのとうりになった。湯沢駅10時集合にお客がいない。

東口と西口があり、案内には指定がないのだ。

運転手が携帯で会社とお客に連絡してバスに来た。バスがわからず会社に連絡して

来た人がいる。二人が来ないのでお客に連絡したら、会社へキャンセルしたという。

 

新潟美食ツアーの企画で数台の観光バスが満員の客を乗せて出て行った。わたしのバスは

3人のお客を乗せ出発した。役場で2人を乗せる。予定時間に来ないので心配になったと

いうお客。役場の落ち度が運行業者とお客の迷惑をかける。お客の不満が信用につながる。

津南の観光は役場本位でお客をないがしろにしていると見受けられる。

 

天候に恵まれ、それでも過ぎている紅葉が素晴らしい。柱状節理の見玉公園で時間を短く見学して、

不動に向かう。女性が4人なので土産物屋の買い物に熱心だ。昼食はもえぎの里で料金に含まれている。

キノコとヤマメのから揚げがうまい。蛇渕の滝の急な階段を歩いて観光物産館に行く。

秋山郷の中津川沿いの風景は飽きない。ジオパークの説明も滑らかに進み自己満足になる。

物産館で地元の土産物を説明して店の売り上げに貢献した。アンケートに記入してもらったが、

出だしのつまずきが悪い印象になるだろう。残念ですが。

日々 10:32 comments(0)
尾木直樹さん講演会

尾木ママの愛称で親しまれている教育評論家、法政大学名誉教授の

尾木直樹氏の講演会が、10月30日津南で行われた。

会場は定員満員の420人で人気のほどがうかがえた。

実行委員会では講演料のめどもなく、寄付金で賄うという方針で寄付を募った。

予想を超える金額が集まり、町からの補助金は少額で済んだ。

これを発案した江村大輔の行動力がたまものである。

大雪で全国的に報道される津南に行ってみたいと思い、ジオパークでの環境学習

に取り組む教育を絶賛しました。町長が若く高校生みたいという言葉が出て

会場の爆笑だった。この言葉は皮肉に聞こえた。

スマホがテーマで、便利だけど危険として、大阪では学校への持ち込み自由、

香川県は規制と対応が分かれる。千葉県での台風のためにスマホが使えなかった事例

を紹介して、スマホで命は守れない、地域の人の目でしか子供は守れない、と批判した。

スマホで調べて答えがわかっても、知識として脳に入らないが、新聞や辞書でという紙の媒体

で調べることが、脳の活性化につながる。スマホは興味のあるものしか入らないが、紙の媒体は

そうでないものも入る。利益だけ、効率だけ、黒字だけ、成果だけ、自分だけ、一国だけ、という

今の世界中政治に対する批判が子育てにもある。

自然環境という原体験、火をおこすのは危険だからでなく、やってみるという体験が、便利、安全、健康、

という言葉で損なわれている。キャンプ場で子供を前にして先生が火を起こせない。

中国韓国ではスマホの規制をやっているし、先進国も。日本がやらないのは何故か。

携帯情報産業のカネの仕組みを優先させるからである。カネが基本になっているこの国の実態がある。

英語の検定試験という国の政策が中止になったが、森友学園、かけ学園と同じ構図のようだ。

これをやることで特定の団体にカネが流れる仕組みを、安倍政権が作るお友達政権である。

講演会というとパワーポイントを使うのが流行だが、なしだった。予定を20分超えて話していただいた。

意外と小柄な方だがスタミナ体力は強靱なようだ。連日強行スケジュールでこの日も講演が終わると

新幹線でお帰りになった。次の日は名古屋へ行くという。

会場は若い母親が多かった。

日々 09:49 comments(0)
秋の収穫と秋じまい

秋じまいを天候の良い時を見て行っている。

晴れ間が少ないのではかどらない。大豆の脱粒、サトイモ掘り出し、

たくあんの大根干し、小豆の収穫、こんにゃく、落花生、

田んぼの借り入れ後のトラクター耕うん、など。

11月は初雪もあるだろうから、あわただしくなる。冬を迎える準備

が同時進行で、秋の紅葉を無理して楽しむ。

ジオパークの活動はその一つ。

日々 09:19 comments(0)
グリーンツーリズム全体交流会魚沼大会。

10月29,30 日、魚沼で全体交流会が開催されて大勢に人が集まった。

多雨風被害の報告はなかった。

魚沼は都会の学校の体験受け入れが盛んで様子が分かった。背後に尾瀬があり、

銀山平という江戸時代の鉱山がった。

年間、100校、1万人の生徒を受け入れる。役所外に専門の組織を作り応対する。

学校の希望に沿い、人数や宿泊宿の応対だ出来る。期間は1週間が多い。

武蔵野市のように旅行でなく授業として組み込んである学校もある。

ある学校は、魚沼市を元気にする提言を生徒に考えさせて、報告書で提出している。

銀山平を野外活動の場所として効果を上げる。常時案合人が自然教室の講師を務める。

南魚沼市や妙高市もいいが、ここはもっと上のようだ。

 

会場で、越後田舎暮らし体験協議会の関谷さんと会うことができた。会からも

10人近い人が来ていたが、津南からは自分一人で、行政の無関心が露呈された。

関谷さんから、1施設だけでやろうという言葉をいただいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々 09:12 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS