サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
おとなしい子供

日大アメフット部の謝罪事件の波紋は広がる。

加害者という選手の謝罪記者会見と、被害者選手への直接のお詫びは評価されている。

被害選手の父親の監督コーチへの批判は怒りそのものだ。加害者の家族にしても同じような

気持ちが働いているだろう。

相手選手を壊して来いという表現が常にあったのだろうか。このような言葉を発して

いることを監督自身が当然としている。内容にかい離があるというが社会人ならともかく、

学校という閉鎖空間でこのような言動があるというのが怖い。

教師は教室では絶対君主という言葉を聞いたことがある。小学生ならの話でまさか大学内

である。

組織内のルールが優先されているという日本社会の縮図という見方がある。国会で延々と連続する

文書の改ざん捏造廃棄、記録よりも記憶、言葉を駆使する主張など。戦争時の大本営発表の

再現である。

大企業の粉飾決算、製品の材料のごまかしも同じ。S銀行2日間で120億円の売り上げを

作れと幹部会議で命令した。実際可能のはずがないということは数字の偽造である。

 

家庭の中でも行われる。孝行という関係である。親子関係で親が子供に恩を押し付ける

ことが愛情と思っている。愛情という名の支配ともいう。小さいころは聞き分けのいい子で

おとなしくて挨拶ができて素直でという子供が、反抗期になっても反抗行動を表さないと

歪みが後で出てくる。

新潟の小学生殺害事件の犯人はこの傾向にあったのではないかと気にしている。

運動部で試合に出場したいからプレーそのもので力を発揮できないから、別な構造権力に

ゆだねてしまう甘さはどこから生まれるか。

忠義と孝行という武家社会の名残が厳然とある。

明治150年安倍政権はその淵の中にある。長州藩王朝時代の歴史に金字塔を建てたい。

という思惑である。

日々 16:02 comments(0)
小田原と東京旅行

先日、念願だった叔父さんに会うために小田原へ出かけた。

東京から東海道新幹線に乗る予定を変更して、在来線の東海道線で行った。

通勤ラッシュもあって東京駅は込み合っていた。川崎までは込んでいたが横浜

では立っている人がいなくなった。

小田原で降りて料金の精算を済ませ、駅の外に出て、おじさんのところへ電話を

入れて、財布がないのに気が付いた。精算の時に財布から1000円紙幣を出したから、

精算所と思いすぐにそこへ向かった。改札所の駅員に事情を話すと預かっているから

ホーム事務室に行けというので向かい、届を書いて財布を受け取った。

冷や汗ものというような出来事で、駅の係りの人たちには感謝である。

中には運転免許証と現金が入っていた。

自分の年齢からくる不注意が起こした冷や汗もの出来事は小田原駅の善意に

救われた。駅の皆さんありがとうございます。

 

叔父さんは思ったより元気で安心した。週に5日デイサービスに夫婦で行っている。

奥さんも元気で何よりだ。積もる話があってここには記述できないが話ができたことが

よかった。

 

3時ごろおじさん宅を出て、小田急線の足柄駅から電車に乗る。下校時間で

電車は高校生でにぎやかだった。急行に乗り換えて千歳船橋で降りる。娘が子供

を連れて迎えてくれた。その日は泊まり、翌日は葛飾へ行った。母の見舞いである。

 

テレビでは、新潟の殺人事件が報道されていた。犯人はおとなしく目立たない青年とある。

おとなしくという仮面をかぶる内面に問題が潜む。どこにもある話だろう。

そして、アメリカンフットボールの日大チームの暴力行為。これも似ている。

いい子ぶる社会に深い淵がある。

日々 16:28 comments(0)
雪が降るのか

気温の乱高下が激しい。

昨日は関東地方の北部で雪が降ったという映像を見た。日光とか那須地方のことだ。

こちらは今の室内の気温が9度で、昼間も13度ぐらいという予報で雨も降っている。

明日は昼間は26度になるという。

苗代の苗は保温状態で元気に育っているが、このままで冷たい外気にさらしていいものか。

気に早い農家は田んぼの代掻きを終えて、田植えを待っている。

 

ノーベル平和賞の候補に、韓国と北朝鮮とアメリカの首脳が上がっているらしい。

中国と日本はカヤの外になるが、安倍首相の存在は軽い。

麻生財務相のセクハラは罪でないという発言は、個人的な見方と安倍首相を意識するもんだという、

両方からだという説がある。ご自分で辞任する気持ちはないということだ。

 

日々 08:55 comments(0)
始まる農作業

種もみを育苗箱に播き、苗床に並べて苗を育てる。育苗といって主流なのが

プール育苗という方式。私も同じ方法である。箱の数は36枚で4月26日行った。

これを田んぼに植えるのが5月末か。

野菜の種まきを行う。トマトなすほか。トラクターで畑を耕うんしてジャガイモは先日植えた。

肥料は堆肥である。なめこ生産農家の廃棄物を使う。

種まきをして双葉が大きくなると、大き目なポットに移す。根っこが出てきて土に絡むように

なると畑に移植する。大根ニンジンゴマ落花生大豆は直接種をまく。

とまとなすきゅうりレタスブロッコリースイカからし他は種まき移し替え移植という作業がある。

サトイモこんにゃくは種芋を土に、サツマイモは発芽させた茎を植える。

手の込んだ作業を嫌がる農家が増えてきて、ホームセンターはこのような商品でいっぱいである。

草対策と温度管理で黒や透明のビニールマルチを行う。

この一連の作業が5月から6月にかけて天候を見ながら行う。面積の程度で労働にも関係する。

機械化で便利もあるが人力次第で決まる。機械化に投資をして支払いに追われる苦労話が多い。

 

日々 10:51 comments(0)
快適なナンバ歩き

先日の日曜日、さわやかな日差しの日に、信濃川沿いを歩く大会が

催された。

50キロという長いものから、短いので15キロなどあり、自分は15キロ

に出た。このコースの参加者は350人ほどで、保育園児から後期高齢者と

年齢層が広い。準備体操をして出発したが先頭から尻尾まで1キロぐらいに

なっていたのだろう。

途中3か所に休憩所が設けられ、お茶の飲み物と2番目ではトン汁がふるまわれた。

学校と公民館が会場になっているからゆっくり休憩ができる。

主催は国土交通省で河川整備の部署が中心のようだ。この大会は40年ぐらいの歴史が

あるようだ。桜の花とブナなどの新緑と遠くに見える残雪の白さ、田園などの風景が心を

和ませてくれる。

私は、ナンバ歩きでという思いを実現するという目標で参加した。結論は、快適、という言葉

であった。

呼吸法を併用して,リズム感 、右足右手、左足左手、手は大きく振らない。足はすり足。

体は、前傾気味になる。

白隠禅師の坐禅和讃を唄いながら歩くと、呼吸とリズムと動作がまとまる。

参加している人に追い抜かれたり、抜いたりしたが同じような動作で歩く姿は見かけなかった。

ナンバ歩きに興味をもって実践してほしい。

 

日々 10:18 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS