サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
習慣を変える

先日の毎日新聞に、エスエフ大作、三体の著者で中国人作家の劉慈欣さんの記事があった。

エスエフ小説に関心がないせいか,三体を知らなかった。

記事の中を一部引用すると、過去30年間、人類社会はかってない太平の世であり、ずっと平穏に

発展している。地球の一部では絶えず波乱があったが、決してこのようなプロセスを

断ち切るわけではなかった。社会の発展がずっと直線的で平坦、、また、予測できる

ものだという、そんな幻覚を私たちにもたらしたが、今回、新型コロナウィルスの

パンデミックがこの幻覚を打ち破った。

人類の歴史を振り返ると、世界的に重大で意外な出来事が、常態化している。また歴史上

絶えず表れてきた。

 

およそ100年前のスペイン風邪は1次世界大戦を停止させるほどだったし、予測できない

出来事は100年ごとに繰り替え起きている。劉さんは、コロナウィルスと宇宙人、が同時に

現実的に起こっている、という。宇宙人のほうが思いがけない出来事かもしれない。

太陽から地球まで40時間で来る航空母艦型の宇宙船が現れたら、世界はどのように

対処するのか。ウイルス騒ぎが国際規模で終息できない現実がある。

日本は2次世界大戦後、バブルの時代を経て経済重視の社会が当然のように歩んできた。

このような生き方が習慣となって漫然化していることに一部の人の警告はあっても、

特に政治家は経済重視は疑問にも思っていない。アベノミクスがそれである。

新しい生活とは、手洗い、マスク、集密化を避ける、程度ではない。

習慣を変えるということは簡単ではない。猫は病気になると食餌を絶つ。

動物医院で点滴を受ける猫にすれば、迷惑なのだ。食事を断つことで

自己免疫の働きを作って、回復する。

新しい事態は、つらく苦しいかもしれない。病院で手術を受けて、翌日から、

リハビリとなる。きついと不平をいう人がいるが、甘えてはいけない。

オートマで生きる生き方は惰性、マニアルで生きるのは意識、と二つあると思われるが、

本当は一つなのだ。自分と自分自身の関係である。

日々 11:19 comments(0)
雪下にんじん

例だとそろそろ雪下ニンジンの種まきになる。

今年はどうかというと、雨が降り続いて、畑が水を含んで

トラクターが入れない。梅雨明けはいつなのか。奄美大島は明けたが

北陸はいつか。水害で農作物が売り物にならなくなった農家さんからは

お叱りの声が出るだろうが、このままでは種まきは、8月かもしれない。

エゴマは発育不良が多いが、育ってきた。

たどり着いたら土砂降り、というこの頃である。

日々 11:02 comments(0)
セミのなかない夏

この夏はセミの鳴き声がない。

去年の今頃はうるさいほどだった。雪が少ないのか、気候変動か

しかし7年前に生まれているはずだが。

雨が多いのでミツバチは外へ飛べないから、花の蜜を持ってこれない。

畑に行かないから、花粉交配が少なくてスイカなどの実の着き方が良くない。

そばの花が咲いても、しいな、という実のない粒になってしまう。

米が不作になる予想である。標高の高いところは冷害で、低いところは

カメムシ異常発生である。防除に力を入れればいいだろうと農薬散布に

こだわる農家も多い。ネオニコチノイド系農薬である。加工トマトも雨の被害作物だ。ジャガイモは雨がない方がよい。

レタス、キャベツ、などの葉物野菜は良くない。サツマイモも雨はいらない。

サトイモ、こんにゃくは元気である。ナスは困っている。トウモロコシも

実の着き方が良きない。味も落ちるだろう。

津南町の特産品というカサブランカ栽培は、コロナウイルス禍で不況になるという予測で動いいている。

10年前のリーマンショックの再現が来ると。白いカサブランカの需要先は

冠婚葬祭事業の葬儀場出る。コロナ騒ぎで葬儀は自粛となり、需要はなくなった。

経済界の大型交流会もない。政治家の政治資金集会はどうか。カサブランカは

そのような会場で飾り物だった。

津南町農協は、今までどうりに栽培させて、売り上げが減少した分を補償する、

農水省の方針で行うという。東京の市場に出すとともに県内向けに販路を

作るというが、栽培農家にすると不況は目前だろう。

津南町の旅館が作るグループで、温泉風呂にカサブランカの花びらを

浮かべるサービスを始めた。カサブランカ栽培は品質向上にどれほどの

農薬を使用しているかである。雨が降れば農薬噴霧が常識。いまは連日の雨。

そのような栽培した花びらを、素敵だからと浴槽に浮かべて、皆さんもどうぞ

という発想がわからない。農薬が浮かぶ温泉入浴が素敵ですか。

経済のためなら命は問わない構造がそこに来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々 10:43 comments(0)
津南町プレミアム商品券

コロナウイルスによる経済不振対策としてプレミアム商品券の発行

が始まった。対象となる店は町内はほとんどで大型のホームセンター

は対象から外れている。これはたぶん全国的なものと思う。

go-toトラベルは東京都が対象外となり、予約キャンセルを国土交通省

が保証するとか、eatトラベルを行うことになった。

go-toトラベルはgo-toトラブルだという自民党議員がいたようだ。

ウイルスが今後どうなるか予測がつかない中で、観光をはじめとする

経済の混乱を打開するための事業であるが、ヒトの移動が激しくなれば

感染拡大ははっきりしている。

オーストラリアのメルボルン、スペインのバルセロナ、では数字として

感染者が増加している。国内の感染者が増加する予測は先日の

国会の委員会での参考人の東大名誉教授が、このままでは目を覆いたくなる

状況が発生すると数字を挙げ発表されていた。

小池東京都知事と安倍政権の確執が表に出て、コロナ対策を混乱させている。

この国は、危機管理が上手でないのは、失敗の本質、という本にあるとうりで

今度もそうだろう。トップがわからないかといって、下部組織が責任を

かぶってしまう。森友問題である。

東大教授が言われているには、東京埼玉型という改変型が表れている。

遺伝子が自らを変えて生きようとしている。ワクチン開発で食い止めようという

医学的行動に抵抗ししようとしているのか。

 

 

日々 09:53 comments(0)
ぬか床仕込み

畑のきゅうりが取れるようになったのでぬか床を仕込んだ。

家によっては代々受け継ぐところもあるようだが、自分のところは

毎年仕込む。材料は米ぬか、塩、大豆、からし、去年の酒かす漬けの残したもの。最初に仕込み始めのきゅうりを入れて

様子を見て、塩とぬかの調節をして味を作る。

ぬか漬けは毎日手を入れるから面倒というが、時間は数分なので習慣にすればそうでもない。

手を入れてかき回すときにキュウリやナスも入れたり、つけこんだものを取り出したりする。

これは男性の仕事でよい。雨続きでナスが良くないが、キュウリだけでも美味しく食べたい。

トマトを収穫して食べたが、雨空の下でとったせいか美味しくない。

早くこの長雨が動いてほしい。

 

東京のコロナ感染者が多い。菅官房長官は東京問題といっている。ゴートーキャンペーン

を実施するという。感染者に若者が多く中年に拡大するらしい。観光関連で田舎に

移動する人の中に無症状感染者がいることもあるだろう。対策を取っててほしいが

個人としての対策が必要だ。今月に入って全体では2倍の感染者になっているという。

スペインでも感染者が増えている。移動封鎖は効果なしという。個人の自粛だろう。

トランプ氏は陸軍病院の視察でマスクをつけたが反対ではないそうだ。

 

ミツバチは1群れにして、雨模様で花を求める飛行もできないだろうと砂糖水を

置いた。こんなことは初めてだが、何とか元気に過ごしてほしい願いからだ。

新聞広告には、サプリメントが多い。自分も骨折対策でミネラル質を考えているが、

肝油100パーセントの深海ざめ商品を買ってきた。通販だけかと思っていたが

地元の店にあった。いろいろなサプリメントがあり、目的を持たないと迷う。

この店は建前は薬だが、雑貨と食品があるが、お客は薬の売り場にいない。

薬の店で雑貨と食品を買うお客がレジに並んでいる。私は薬の商品置き場に

30分ぐらいいて深海ざめを選んだ。値段は税込み2033円。

 

今日も雨で草取りをしても抜いた草は雨のおかげでイキイキしている。

太陽の日差しを待っている。

 

日々 10:51 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS