サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
不死身の特攻兵ー佐々木友次、空戦の回想―坂井三郎

前者は最近、後者は以前に購入した本である。

佐々木氏は21歳で特別攻撃兵に組み込まれ、4人乗りの軽爆撃機を一人で操縦

してフイリピンの飛行場から出撃して、9回繰り返して生還した。

搭乗した爆撃機には攻撃用の機銃ははずされ、敵の艦船に衝突したら自爆するような

パイプが3本機首から前に突き出ているという異様な改造がなされていた。

著者は劇団演出家の鴻上尚史氏である。

 

後者は21歳で戦闘機に乗り、76機の戦闘機や爆撃機を撃墜した人物の自著書である。

中国本土から始まりフイリピン、インドネシア、ラバウル、ポートモレスビーの攻撃と空中戦、

ガダルカナル攻撃で敗戦を実感して、敵戦闘機から銃撃を受け目を負傷してやっとの思いでラバウルに

帰着。本土に戻り治療をするが片目は失明。そして横須賀航空隊の所属になる。この隊に硫黄島出撃命令

が出る。

本来なら戦闘機に

搭乗する命令はないが、下から見上げていられず空に上がる。片目の視力だから戦闘能力がない。15機の敵戦闘機に囲まれても生還する。そしてついに

特別攻撃命令が下る。夜を徹した会議で激論の末に航空隊司令官の結論だった。飛べる飛行機は20機もない。

敵の航空母艦に体当たりしろという命令。大本営が玉砕攻撃を発表する4か月前のこと。

坂井さんも出撃したが敵戦闘機に遭遇して壊滅状態になり玉砕未遂で帰着する。飛行場では

帰還した3機によく帰ったと賛辞の声が多かった。しかし命令違反で処罰覚悟で司令官に報告すると

渋い顔で生きていてよかったという。賛辞の声というのは玉砕攻撃を歓迎する兵士たちはいないということなのだ。

これは前著書の内容と同じ。ついには航空機は全部爆撃されて、搭乗員は仕事がなくなり、本土からの命令で

上級将校から順番に帰還する。坂井さんは最後の11番目の飛行機に乗った。

見送る兵士たちに、あとはよろしく、という無責任きわまる言葉を残して。

 

2人に共通するには飛行機大好きという天真爛漫さだ。それが戦争という修羅場で壮烈な

悲劇を体験する。

 

前者の本は大好評で入手に時間がかかるがぜひ読んでほしい。今の日本国の課題

そのものがある。明治150年回帰の年に警鐘と反省が促される。

 

日々 10:22 comments(0)
3月の陽気

15時間立ち往生した信越線の電車に事故から3月の陽気となっているが、今日は

雪模様である。電車立ち往生については新潟支社への対応の批判と乗客からは

乗務員の鼓動を称賛する声もある。

しかし4両編成でトイレは一つで400人の乗客の利用から見て限界がわかる。

トイレット用紙はなくなり便器は詰まる。どうするのか。深夜に段ボール箱が運ばれて

床に座るようにとの配慮だった。簡易トイレはどうか。三条市は救出のために

マイクロバスを手配すると申し出たが、豪雪の中なので車内から出ない方がよい

という判断で断ったそうである。

来週に強烈寒波襲来の予報である。

日々 09:57 comments(0)
マイナス36度の寒波

2000メートル上空に マイナス36度の寒波が停滞しているのが大雪の原因。

明日の午前中までが警戒。信越線の雪による電車内閉じ込めは、雪国だからと

対策を考えていなった鉄道に衝撃をあたえているにちがいない。

夕方7時というのは帰宅の通勤時間帯で定員以上の込み具合である。それがそのまま

15時間も経過という放置は何だというが、除雪機械がたどり着けないから人力で作業

したが降雪が激しすぎて作業が追い付かない。理由は出せば出る。周辺は田んぼが広がる

が大きな重機などは雪があるから現場まで行けるかどうかわからない。かえって危険になるより

現状で朝を待つという方針だった。関東みたいなところなら言い訳も理解できるが。

4両編成の電車にはトイレが一つあったが、トイレットペーパーはすぐなくなった。

立っている人が多くやがて交代で座るように乗客同士で工夫した。最近の電車は効率優先で

ロングシートの座席が多くなって、座席の多いクロスシートが減少している。

 

昨夜は寝ていても寒く、起きだして下と上に布団を重ねた。朝は洗面所でマイナス2度。

アメダスを見ると深夜2時でマイナス9度となっていた。極端に低温になると雪が少なくなる、

というのは長野地方の定説で、津南がこれに似ている。積雪が少ないので除雪作業が無いのが救い。

日々 12:09 comments(0)
運転再開

信越線で立ち往生していた列車は除雪が進み15時間ぶりに長岡駅に向かい

走り出したというラジオのニュースである。

日々 10:39 comments(0)
新潟県内平野部の大雪

津南町のアメダスは、積雪130センチ気温マイナス5度となっている。

昨日から朝にかけて県内平野部が大雪となり、三条市では70センチの積雪

となった。普段の3倍ぐらいの時間をかけて目的地にたどり着いたというドライバー

もいる。

信越線では昨夜7時から現在まで4両編成の電車が途中で立ち往生している。

救援列車がたどり着けない。乗客は400人以上だったが、家族が迎えに来て今は

250人が残っている。トイレがあり電気もついて飲み物の差し入れがあったという

報道である。乗客は携帯電話の電池切れもあり、高校生がいるという。今は青空が

見えてきたようだ。

 

サウジアラビアの標高1000メートルの山に積雪40センチの雪が降った

とか、ニューヨークはマイナス17度とか異常気象が地球規模になっている。

この冬はまだ異常気象が起こるのかもしれない。

日々 10:19 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS