サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
過激寒波

森田気象予報士の予報が見事に的中した。

といっても気象庁の予報が基本になっているので、森田さんがあてたという訳ではないようだが。

11日から16日まで低温と吹雪の天候が連続した。積雪は初めは50センチほどが、今朝のは180センチ

となっている。朝方50センチぐらいという時があった。

気温は昨日が洗面所でマイナス4度で水道は凍結寸前で洗濯機の水は凍結した。

自動車の窓ガラスの雪が氷結した。朝に除雪機のエンジンをかけてロータリーを回転するのだが、

凍結しているので回転じゅくとロータリーをつなげているボルトが切れてしまう。

このボルトは無理がいかないように切れやすくなっているのというのは、エンジンに無理がかからないように

弱くできているので当然の設計である。しかし雪が降る寒い中で手袋をはずして頭を潜り込むようにして

ボルトを取り付けるのは面倒なことで、もう5本ダメにした。10本入りで1400円である。

この部品を普通の材質にして運転するとボルトはおれないがエンジンか伝達回転装置が故障する。

 

昨日その前その前と3から4回除雪機を動かして車が走れるようにする。家人意外に郵便配達

宅急便、用事のある人と多くはないが訪問する人がいるから雪を排除する。

昔から家は玄関を道路のそばに作る、というのがこの地域の生活の知恵で、今でもそのような家が多い。

除雪の苦労を予測しての設計である。

豪雪の津南という言葉を地元は言うが、自慢げに聞こえるのと自虐的な感じと混合している。

1年の半分は雪の中などという声があるが、これは自虐感覚である。雪で大変なのは12,1,2,3月だが

特に注意は1月だけだろう。

ここは長野県に近いせいか雪の後の晴れる天候が気持ちよい。灰色の空におおわれるという日もあるが

それほど多くはない。

しかし今度の寒波は寒さが身に染みた。ノロウィルス病気が流行している。子どこから家族への感染である。

 

子供の間で、ノロウイルスが流行していて家族の迄伝染病となっている。風邪ひきには注意が大事である。

日々 11:31 comments(0)
新年あけましておめでとうございます

新年の天候は、雪がなく曇りと雨で少しの雪、という程度である。

スキー場では少ない雪で、スキー競技大会の開催を危ぶむ声も出ている。一般地元民は暮らしやすいと歓迎

するがそうではない人たちも多い。

わが家では、娘家族が年末正月と泊まりに来て久しぶりににぎやかになった。地元でも高齢者だけで正月を

過ごす家庭も多い。

自分たちは外から来たほうなので、以前からのここで暮らす人たちとは様子が異なるが、

大みそかの31日よりも30日に年末の食事をするというのが習わしになっている。理由はあるのだが、

忘れてしまった。当地ならではの、そうなのか、とわかったような内容である。

米農家が多いこともあって、毎日がモチ料理という家が多いらしい。

今日も朝から雨で、来週に寒波が襲うという予報である。どか雪になるのかもしれない。

明日からお客さんが3泊4日で来る。スキー遊びができるだろうか、心配である。

日々 14:10 comments(0)
糸魚川の火災

先日、糸魚川市で大火事が発生した。ラーメン店から出火して140軒の家が焼けた。

この日は風が強く風にあおられて燃え広がった。糸魚川駅から日本海側は旧市街地で家が重なるように

立て込んでいる。北陸地方の海岸沿いは同じような街並みが多い。道も狭いから消防活動は難しい。

消火栓が多いが消防車が入れないから活動は制限される。

出先から帰ったら火事だったという人もいて家財道具も持ち出せない人も多いらしい。

100年、300年と老舗の商店や醸造元が被災されたが、何とか復興されてほしい。

防火の町つくりという視点が必要だろう。

被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

日々 11:53 comments(0)
猫の死、尿道結石

昨年の秋にもらってきた猫が亡くなった。

死因は尿道結石である。食欲がなくなってきて便秘かと思い家畜医院へ診察に行ったところ、このような

診断で、その日の夜に亡くなった。オス猫に多いということのようだが、太り気味の猫で、肥満防止にと

それに対応するような食べ物を与え始めた矢先でもあった。

カリウムが消化不良で結石になるそうで、そのような体質だったのかもしれない。あるいは食べ物が

そのような傾向だったのか原因はわからない。

犬と異なり猫は野生に近いが、ペットブームで人工的な環境に強制されているいるところがある。病気の

被害からの予防ということで予防注射もある。

飼い猫の譲渡という催しが開催されるようになって野良猫の姿が見えなくなってきたが、猫の生き方が

変わってきている。

この冬、天井裏でのネズミの運動会はどうなるのか心配である。

日々 11:38 comments(0)
丹田呼吸法他

調和道呼吸法のほかにいくつかの方法を知った。

西野流呼吸法、矢山利彦呼吸法、天外史郎呼吸法、帯津良一呼吸法などが主なものである。

いずれも違いがあるが、共通のところが多いように思える。

西野流は、バレエ団の活動という歴史のせいかダンスの感じがある。矢山式は宇宙エネルギーという

趣旨で脊髄の矯正を感じる。内観の法を現代式に編集している。

天外流は矢山式と似ているが瞑想のほうに重きがあるようだ。帯津式は調和道の元会長でそのものずばりだが

立ち上がった姿勢の方法がある。

これらを全部行うことはできないので、自分にとってこれはと思えるものを実技としているが、主となるものは

調和道になる。

呼吸法は今を生きることで決まる。過去の恨み思い出、将来の夢希望不安悩みは捨てる忘れる。

そして根底に、白隠禅師がある。

 

日々 15:31 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS