サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
苗場山ろくジオパーク

11月1日、ジオパークの査定調査委員が宿泊された。

数年ごとの認定更新手続きである。この査定に合格するとまた数年認定資格が授与される。

2泊三日で地元ガイドの説明と現地の整備状況など多方面からの調査である。

佐渡のジオパークは不合格で棚上げ状態だそうだ。

宿泊して津南と栄村の関係者がともに食事をとり、懇談した。翌日は信濃荘で、地元ガイド

は中心に26名で夕食と懇談をした。地元内では好評だが、1月に発表する。

 

nhktvの家族に乾杯という番組で、津南が出演となった。片桐仁さんの希望によるもので、

突然前触れなしの人との出会いが面白い。ここでジオパークがひとつ登場した。

見玉の石落とし柱状節理の場所である。初めに堂平の火炎土器の模造作品が登場した。

これは地元集落が設置を要望した。

片桐さんは津南の歴史に興味があるらしく、一昨年の津南物語という1年1度発行の本に

投稿された。火炎土器については大好きらしい。昆虫も同様。自分でも工作大好きで

展示会ができるほど作品がる。この番組の影響で、なじょもんを訪問する人が増えている。

ジオパークの注目度が上がると嬉しい。

日々 16:53 comments(0)
秋じまい作業

雪降るに備えて畑の農産物とパイプ支柱、マルチなどの整理を行っている。

たくあん用の大根を50本干している。サトイモの収穫は済んだ。日照りでどんな具合か

心配したが不作ではない。トマトの支柱を撤去して、高原豆の収穫と支柱の撤去終えた。

あとは越冬漬物に赤大根を20キロ塩漬けをした。あとで酒粕に付け替える。

越冬用の大根ネギニンジンなどの収穫がある。畑の耕うんも行う。

今日は20度近い気温で今時としては異常であるが作業がはかどる。

初雪が遅いという予報らしいが、油断しない方がいい。

日々 16:26 comments(0)
稲刈り作業

先日、天日干しの稲を機械を使って脱粒した。脱穀ともいうが。

稲刈り後、20日ぐらい干していたが十分な乾燥でない。

順調な乾燥ならもみすり機械で玄米にするのだが、この程度だと米に湿気が多く、

機械が詰まってしまう。乾燥計16パーセントというが歯でつぶして,がりっ、と

いうぐらいなら、機械は動く。

ハーベスタ袋に17、家に運んで口を開けて空気を出すようにして保存する。

昨年は、このように保存して1月にもみ殻米を精米できる機械がある栄村で精米した。

今年はどうか、来月か再来月の様子で判断する。

大豆、こんにゃく、サトイモ、大根、白菜、などの収穫がある。サツマイモは収穫終了、豊作である。

そのあとがたくあん用の大根干しで、初雪を待つ前の秋じまいとなる。

豪雪地帯だからハウスをかたずけ、不要なものもかたずけて畑は大掃除みたいに平らになる。

その間に紅葉見物とうまいものを食べに行く。リンゴ園の訪問もいい。

日々 20:49 comments(0)
台風25号

一難去ってまた一難、21号、24号、25号と押し寄せる台風に翻弄される国。

被害にあわれた方々は、悔しくて情けなくて、仕方ないでは済まされない心境でしょう。

インドネシアでは地震と津波で1200人の方々が命を落とされた。

ご冥福を祈ります。

稲刈りが進まない。風と雨で稲が倒れ田んぼは水がたまり作業はやりずらい。

晴天が多ければ何でもないのだが、天候不順が災いをもたらす。

私の田んぼは天日干し乾燥なので、25号が去ってから稲刈りの仕上げにする。

日々 10:16 comments(0)
太陽エネルギーを待つ

天候の様子を見て稲刈りを始めたが、長雨の影響で田んぼがぬかるみ3分の1程度でやめた。

仕方なく、エゴマに変えたが今日も雨である。台風24号が来るようで、過ぎ去った後にしようかと

悩む。天高く実る秋、を望む。

日々 09:57 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS