サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
今日は晴天、丹田呼吸法

今日は午後から晴天となった。午前中は、豆腐用の道具つくりに没頭した。

朝起きるときに、この道具つくりに思いを巡らせて呼吸を確かめていると、

いいものを作ろうという思いの意識の集中の気分が、呼吸法の気持ちが良い、

という無意識と同じなのに気ずく。

天気がいいとか、いいことがありそうとか、あるいは何かを作るという、

創作意欲である。手仕事の面白さがそんなところにある。料理を作って

誰かに喜んでもらえればうれしい。ありがとうの一言でうれしくなる。

報酬としての金額の多い少ないでありがとうはない。

午後に、太陽の日差しを久しぶりに浴びて、呼吸法を行う。気分が良い。

日々 16:50 comments(0)
手作り豆腐

豆腐を自分で作ることを始めている。昨日で4回目で、次第に良くなっている。

地元の親戚で、東京の綾瀬で店を出していた方が、引退して本家を頼って帰ってきた。

その方と知り合いになって、手ほどきを受けるようになった。

元プロの方なので、持っている道具も作る量も家庭用よりはみ出す。

それでも数回実演を見て自分でやり始めたのが、2年前。

その後、自家製の作り方の本の記事やネットにも出ていて、この冬にいくつかの

方法でやっている。無調整豆乳でもできるとあるので作ってみた。

にがりは、知り合いの方から分けてもらった。自家製ならゼラチンでもできるとあるので

それもやってみた。ゼラチンでもできます。

大豆2カップを洗って容器に入れて水を加える。水は大豆の上になる程度。約10時間程度で

水から上げる。ミキサーにかけて粉砕して攪拌、ドロドロにする。これを、呉、ご、という。

鍋に移して、煮込み、温度70度から75度ぐらいで、木綿の袋に入れて豆乳を絞り出す。

豆乳を鍋に入れて、70度から75度の温度にして、にがりを入れる。ゆっくり静かに

攪拌する。固まった様子が見えたら、木綿の袋に入れて上から軽くお皿で蓋をして少しの

重しを載せる。10分から30分ぐらいで、水を入れた容器に移して出来上がり。

自分はかれこれ、10回以上挑戦しているが、経験が大事に尽きる。

台所にある道具だけでもいいが、木綿の袋や絞り込む容器、固める容器など、それなりの

道具を用意できれば、作ることも気が楽になる。手作り一式キットもあるらしい。

大豆2カップで、市販分を2杯ぐらいできる。

日々 16:37 comments(0)
丹田呼吸法,脳、筋肉、感情の関係

自分が小さい時の症状に、のどの痛み、しもやけ、痔、が常にあった。

十二指腸潰瘍が発生した。

もう一つが、頭痛。これは10年ぐらい前に解消した。

天外伺朗氏の著書からの引用だが、脳、筋肉、感情の3角関係で保たれている。

脳は、首の上にあり、前はのど、後ろは背骨になる。

のどは、食べ物と呼吸の仕事、背骨は神経と血液を作る。両方とも頭の支配を受ける。

のどに異常があるのは、脳と感情、神経と内臓の流れが良くない。風邪をひきやすい。内臓の機能低下。

頭痛があるのは、頭と背骨の歪みにある。歪んでいるから動きがおかしくなり理屈をこねる。

内臓と背骨の関係は、横隔膜の動きが停滞する。腹式呼吸ができないから浅い呼吸になる。

脳の中のホルモンと生産んの低下にもつながる。視床下部からのドーパミンと他のホルモンの働きが不十分となる。

 

ここから欲求不満、不安感などの精神異常が生まれる。

この3角関係間の障害を取り除くことで本来の自分、面目が出てくる。

その重要な方法に呼吸法がある。

白隠が言ったのはそこにある。

日々 17:29 comments(0)
丹田呼吸法、フィードバック

フィードバックはfeedbackという。供給したものが返ってくる,還流ともいう。

呼吸法はフィードバックが確実に行われる。自分は知識として知っていたが、

自分の意識として体験している。

内観の法で、短く吐く呼吸を強めに100から200ぐらい行う。

しばらくすると気持ちがよくなる。呼吸が低くなる。またしばらくすると意識しないが

初めの呼吸が始まっている。無意識で意識の呼吸が始まっている。気持ちがよく、

寝ている。

呼吸法は意識と無意識、随意筋と不随意筋をつなぐといわれる。

この体験は、布団の中で寝ている形だが、座ってっも立っても同様である。

自覚できれば一歩上達の階段を上がったといえる。これは他人に説明しても

理解されないことでつまらぬ思いは無用だ。

頭の意識で体を動かし、心で感じる。これを素直にできる人が本来の面目である。

自分を信じて実践すること。

小周天の気の循環を行うと指先が温かくなる。車の運転をしながら、アウン発声法をする。

頭、体、内臓この3関係の流れが大事。どこかに障害ができると不健康となる。

脳からの指令と内臓からの反応が無理なければよい。

自律神経系と免疫ホルモン系の働きを円滑にしよう。

日々 15:16 comments(0)
グリーンツーリズムの移ろい

最近グリーンツーリズムという言葉が聞かれなくなった。国は代わりに,農泊というようになっているそうだ。

言葉、表現の変化を意図的に考える中央省庁の方針らしい。

インバウンドがいつまで続くか、dmoという言葉がある。町でも勉強会があって参加したが、

講師の話では、首相官邸からカタカナで表現しろという方針が出るという。

グリーンツーリズムも同じで、ジオパークも同じになる。

町の職員が会議の説明で、コンプライアンスとかいうとよくわからない。

本人は県からの説明文書でわかっているらしいが、なじめない。

グリーンツーリズムから農泊に代わることで何が変わるのか。

dmoで地域おこし、津南未来会議が発足することになった。

ネットでdmoを検索すると、行政がいくつか集合して協議会を作りそこに

dmoの補助金が入る。雪国観光圏もその一つ。具体的に何をやるのか。

デザインがよいカラーの刊行物が発行される。配布先は大都心に住む住民で、地元の

観光関係者にも届く。

dmoから補助金を受けた旅行業者がそれに沿って営業を行う。この業者が立ち上げた新

会社なのか、それとも大資本の業者がdmo向けに作った組織かもしれない。

jtbが海外の民泊大手の組織と提携したが、国内の旅館団体から、魂を売るのかという抗議が

来たという。国際社会の流れに流されまいと企業も個人も必死になってきた。

日々 15:51 comments(0)
丹田呼吸法、小周天

矢山式の説明によると、小周天の実行は自分自身を強くすることにある。

体を巡る気の流れをつかむというのは、前側に任脈が後ろに督脈が流れているのを

気のボールで確認する。この時に呼吸法を入れながら行う。

繰り返し数を重ねていると、指先が温かくなり、やがて体も暖かくなる。ぬるい

お風呂に入っていると実感できるのは熟練者らしいが。

これは白隠の、内観の法も同じで、基本が一つなのだろう。

白隠は、任脈督脈の説明はないが、白幽老人から聞いた説明に遠羅手釜という本があり、

通じるものを感じる。

私のいうとうりに行って、効果を感じなければ、この首をもっていけ、というくらいの

絶対自信である。矢山さんも同じような表現と感じる。

先にイメージの完成を置き、方法を行う。

旅行にいこうと誘うと、いいね、行きたいという言葉が返ってくる。行ってないのに

楽しい気分が生まれる。脳の中にドーパミンが出たのだ。これだけで気分が変わる。

呼吸法を行うと楽しい気分になる。内観の法をやると気分がいい、などである。

まさに自己満足でしかないが、いつでもどこでも気を吐く呼吸法を行う。

矢山式には、内観の法のような寝る形の方法がない。

 

 

日々 15:22 comments(0)
田舎暮らし体験旅行

津南町では以前から中学校を対象にした教育体験旅行を実施してきた。

2泊3日で生徒たちを一般家庭に止めて、生活体験をしてもらう。他の地区では

旅館と家庭を1泊ずつというのが多いが、ここは違う。

好評が多く良い結果が生まれているうちに受け入れ家庭の高年齢かという事情が

生まれて、引受先が減少してきた。他に学校側の費用の問題とかも出てきて、

結果的に少なくなり、去年は2学校、今年は1校になりそう。

もしかするとなくなるかという思い。

原因に役場の取り組みの消極性がある。初めの頃は熱心な職員の時代があったが

移動や定年などで様変わりしてきた。

しかし、国土交通省が支援に乗り出した。教育体験旅行の評価が高いからだ。

送り出す法と受け入れる方に補助金を出すというもんの。既に実行されているようだが。

津南町は知らない。新潟県の関係者が説明しても話が通じない。

役場が無関心になったのでしょう、消極的な態度になってしまった。

先日、担当部署の方に県としての考えを説明したがうなずくだけである。

知り合いの町議会員議会の代表質問に入れてほしいとお願いした。

dmoという地域おこしの事業が国土交通省から始まっている。教育旅行はこの一環

として大きな価値を占めている。

県も後押しを考えているので積極性をもって取り組んでほしい。

日々 10:54 comments(0)
丹田呼吸法、小周天と大周天

これは矢山式からの引用になる。

ヒトの体は、気が流れている。頭から顔胸腹足元へ後ろ側も流れる。これが小周天。

頭から入って、体の中を抜けて足に抜ける、これは大周天。気の方向に対して、左に

気が旋回している。気という概念は中国の経絡からきている。いわゆる

ツボというのがその例である。

この流れを呼吸法で実感する。太極拳、ヨガ、八段錦があるが、矢山式は

それらを応用する。白隠の内観の法と軟蘇の法も応用されている。

実際にやってわかった一つに、指先が温かくなるということ。心臓から流れる

動脈と戻る静脈で静脈の戻りが刺激されてくるからという説明がある。

これは呼吸法に言えることで、意識の呼吸が無意識の呼吸に代わる。

寝ていてやていると、意識呼吸が少なくなって無意識になりしばらくすると

無意識で意識呼吸が始まっている。この呼吸が気持ちが良い。feedbackという。

おそらく、ドーパミン、エンドルフィンなどが脳内で生まれていると思う。

これがナルチスト現象の根本かもしれない。自己満足を自分で認めてそれを

仏と思う、といってしまうと変なものにかぶれたと思うかもしれない。

衆生本来仏なり、とはそこにある。

スポーツ選手や芸術作家が没頭して、練習や作業に集中する姿であろう。

日々 10:26 comments(0)
丹田呼吸法

白隠禅師の呼吸法は、内観の法と軟蘇の法が基本であるが、できる人とできない人がある。

私も軟蘇の法は難しい。研究好きの人が入りやすくあるいは応用しやすく考えて体系化している。

そこまでいくと白隠という言葉が消えている。それは仕方ことで呼吸法を多くの人に普及したい

という大きな望のたまものである。

私がやってみてなるほど、これから続けてみようと思っている。

そのいくつかを紹介したい。初めは小周天という方法である。

これは矢山利彦さんの方法で、ネットから学ぶことができる。

矢山式ともいうが、気のボウルを作ることから始まる。

イメージだが、とにかく自分に徹底する。疑いを持たない。それが上達の秘訣。

日々 15:41 comments(0)
2月4日は朝から雨

この日の気温は、朝が7度で、立春そして春一番が吹いた。

もう春だという訳にならない。午後3時で2度、みぞれである。

3月の津南雪まつりは、スカイランタン目当ての観光客で周辺の宿泊施設は満員

となっている。地元の観光協会は、昨年の反省を材料にして役場周辺の会場を

楽しんでもらう空間にしようと企画を考えている。

秋に行う、クラフトfair を小型にして開催する。

新潟のfm放送局が歌手を入れた音楽舞台を作る。子供向けのshow もあるかもしれない。

休むところと楽しむところがないという、アンケートの反省である。

高齢化で寂れている町に、4時間限定だが1000人以上の人があふれる。

ただ地元のスタッフが少ないから、どこまでできるのか。お客さんの満足に添えるかどうか。

スカイランタンは、前夜祭を地元向けにして、本番はお客向けとする。

天候が気がかりだ。

日々 15:27 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS