サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
ぬか床仕込み

畑のきゅうりが取れるようになったのでぬか床を仕込んだ。

家によっては代々受け継ぐところもあるようだが、自分のところは

毎年仕込む。材料は米ぬか、塩、大豆、からし、去年の酒かす漬けの残したもの。最初に仕込み始めのきゅうりを入れて

様子を見て、塩とぬかの調節をして味を作る。

ぬか漬けは毎日手を入れるから面倒というが、時間は数分なので習慣にすればそうでもない。

手を入れてかき回すときにキュウリやナスも入れたり、つけこんだものを取り出したりする。

これは男性の仕事でよい。雨続きでナスが良くないが、キュウリだけでも美味しく食べたい。

トマトを収穫して食べたが、雨空の下でとったせいか美味しくない。

早くこの長雨が動いてほしい。

 

東京のコロナ感染者が多い。菅官房長官は東京問題といっている。ゴートーキャンペーン

を実施するという。感染者に若者が多く中年に拡大するらしい。観光関連で田舎に

移動する人の中に無症状感染者がいることもあるだろう。対策を取っててほしいが

個人としての対策が必要だ。今月に入って全体では2倍の感染者になっているという。

スペインでも感染者が増えている。移動封鎖は効果なしという。個人の自粛だろう。

トランプ氏は陸軍病院の視察でマスクをつけたが反対ではないそうだ。

 

ミツバチは1群れにして、雨模様で花を求める飛行もできないだろうと砂糖水を

置いた。こんなことは初めてだが、何とか元気に過ごしてほしい願いからだ。

新聞広告には、サプリメントが多い。自分も骨折対策でミネラル質を考えているが、

肝油100パーセントの深海ざめ商品を買ってきた。通販だけかと思っていたが

地元の店にあった。いろいろなサプリメントがあり、目的を持たないと迷う。

この店は建前は薬だが、雑貨と食品があるが、お客は薬の売り場にいない。

薬の店で雑貨と食品を買うお客がレジに並んでいる。私は薬の商品置き場に

30分ぐらいいて深海ざめを選んだ。値段は税込み2033円。

 

今日も雨で草取りをしても抜いた草は雨のおかげでイキイキしている。

太陽の日差しを待っている。

 

日々 10:51 comments(0)
ブルーベリーの収穫

梅雨とはいえこの長雨は、大雨となっている。

去年と同じような雨雲が停滞して、九州の球磨川川辺川は洪水で

、大牟田も災害となっている。岐阜長野も災害で、コロナ騒ぎと重なり

一体どうなっているのだろう。

そのようなときに、ブルーベリーの収穫である。雨降りが10日間続いているが、

曇り空の時に収穫している。この冬の雪が少ないことが影響してか、

実のなり方が多い。取り切れないという感じだが、やってみたいという女性たちが

表れて取ってもらっている。収穫量は50キロを過ぎているが、まだ取れる。

ほとんどはジャム加工にする。地元で軽食喫茶を行っている店の人が収穫に来て、

料理に出している。

雨で遅れているのが玉ねぎとニンニクの収穫だ。玉ねぎは昨日の曇り空の下で

行った。ふつうは土から取り出したものを、1日そのままにして、わずかでも乾燥

させるのだが雨が気になり、運び出して育苗ハウスの中へ入れた。いくつかのコンテナに入れて

乾燥させる。

天気予報だとこの前線は12日ごろまで停滞するようだ。そのあとは猛暑になるとか。

雨続きだと稲作はじめ野菜などすべてに響く。トマトがまだ食べられない。地元産のきゅうりは

出来ているがナスもまだ。畑が水を含みすぎて、草取りができない。トラクターで耕うんしたくも

入れない。

長野県に大雨特別警報が出て、信濃川が氾濫の危険がある地域への避難所開設が発表された。

去年と同じ地区であるが、幸いにも危険はなかった。

東京では感染者が240人で70パーセントが20代の人。症状は出ていないが感染している。

無症状の若者感染者が増加傾向になると、2次汚染波が襲来となるのか。

 

ミツバチはついに1群となった。女王蜂が新王なので元気な群れになっている。この雨空の下で

元気に生きてほしい。

 

日々 10:15 comments(0)
新型コロナウイルスの真実―続き

ウイルスに感染するのは手が危険と岩田先生は言われる。

特に男性は手を洗わない。いくら手すりや取っ手を薬品で拭いても

手洗いが防御に勝る。

クルーズ船でこの点を船の中にいる人たちに伝えた。

検疫官は治療を受けさせるために、お客さんから同意書を書いてもらうことになっている。

ここで手書きで書いてもらうという検疫官と、口頭でいいじゃないかという岩田先生の間で

やりとりがあった。結果はどうなったのか、口頭で同意になったのかもしれない。

危険区域と安全区域を区分けしてある、医師は防御服で動いているが、スーツ姿の

人たちが携帯片手に危険区域を歩いている。何のための区分けか理解されていない。

こういった注意を先に船に入った人たちに申し上げたことも、逆鱗に触れたらしい。

後でで副大臣が写真を公開して様子が分かったので、先生の発言は認められた。

初めての出来事で関係者の方々は緊張されている。

私にような素人があれこれ言うことだはない。

岩田先生は、ことを確認しろという。事実ということである。

日々 17:22 comments(0)
コロナウイルス感染症

コロナウイルス感染症は終息のめどもないようで、すべての面で

落ち込みが心配である。

ネットで検索していると、ダイヤモンドプリンセスというクルーズ船に医師として

乗り込んだが、間もなく下船指示が出て、退船した岩田健太郎さんの記事があった。

新型コロナの真実という著書があり早速購入した。

この方は、専門は内科医だが、神戸大学で微生物感染症学感染治療学教授である。

ニューヨークで炭そ菌テロ、北京sars、アフリカエボラ、などで臨床体験。

亀田総合病院で感染症部長を歴任。熊本地震では現地で医療活動。

今回のクルーズ船には医療の希望を出したが、すぐに許可がもらえなかったが

乗船できた。その体験を本にまとめた。

日本には緊急事態に対応できる医療チームがあるが、自然災害を対象とした

もので感染症対象の緊急チームはない。

クルーズ船に派遣されたのはこの災害派遣医療チームである。主に外科が専門で、

感染症は専門外なのだ。

アメリカは、疾病予防管理センターがあって、感染症対策の専門政府機関として

主導的な行動をしている。大統領の発言も突っぱねるという見識を持っている。

厚生省には国立感染症研究所に感染症危機管理人材育成プログラムという専門家チーム

がある。この組織は現状把握が専門で感染症防御の専門家でない。

初めに災害派遣派遣チームがすぐに国立感染症研究所が入った。

どんどん感染者が出てきて、日本環境感染学会を呼んだ.3日間で対策を練ったが、

いたくない、といって先生方は出て行った。国際医療福祉大学も入ったが出た。

このような状況を、厚生省は専門家は常に入っていた、という。専門家がいたという

数合わせである。形があるが内容がない。

そこに厚生省のある先生から連絡が来て、船に入ることになった。

日本環境学会として入ろうとしたが、出て行ってしまったので災害派遣チームから

不興を言われて認められなく、災害派遣として入った。

ある先生のもとで働けといわれたが、そんな話は聞いていない、といわれ、、トップ

の先生から感染管理をやってくださいと直に言われた。すぐに活動開始したが、

いろいろな面で感染症対策ができていないことが分かった。

岩田先生は次々に指摘したのですが、指摘された先生方は面白くない。

感染者から同意書を書いてもらうことは感染につながるから、口頭で確認

した方がよい。実際検疫官は感染したのだが、このような指摘が感情的に

受け取られている。結果、2時間後に下船通告が出て船を下りた。

詳しくは著書を読んでほしいが、日本の集団行動の批判書である。

失敗の本質という本と同じような内容がここにある。

日々 14:44 comments(0)
ミツバチの様子

春先のミツバチの分蜂で4群れに分けたが、今はどうか。

点検したところ、3群れに女王蜂がいない。王蜂が産卵すれば確認できるが、

卵がない。王蜂不在の群れはメス蜂が交配しない産卵をして生まれた子供はオスである。

オスだけになった群れはやがて絶滅する。

女王蜂蜂がいるのは1群れだけなので、近いうちに合同してしまう。

いなくなった原因は、飛行中に燕に狙われたのか、わからない。

日本ミツバチは、以前は山野ならどこにもいて、トンボのように飛んでいたから、

捕獲が簡単だったが、稀少貴重な生き物になった。

ネオニコチノイド系農薬の使用が影響している。またアカリンダニという

10年前には国内にいなかったダニの繁殖である。10分の1ミリで

ハチの体内で生きるというとんでもないダニだ。西洋ミツバチは寄せ付けないと

いう。新型コロナウイルスの出現は、殺菌殺虫の文化生活にそうはさせまいと

抵抗する大きな世界なのかもしれない。

東京アリートは何だったのか、今や大都会の人口密集は解体される時に来ている。

この夏にマスクを続ける人は60パーセントというアンケートである。

口の周りに,あせもが出来たり、熱中症で倒れる人が増えるのも心配だが、

現実に対応することだろう。

 

日々 14:01 comments(0)
雑話

昨日、店からの知らせで、電気草刈機の修理が住んだというので引き取ってきた。

どこの原因かという説明はなく、部品全体の劣化ということだった。

モーター異常なしとかで、使う頻度が多すぎたのか。これからは、エンジン型と

使い分けよう。しかし使いやすいので、電気式は2台がいいか。ほかのメーカーもあるが

故障が多いとなると困る。

体の調子が良くないが、リハビリと覚悟して、昨日は田んぼでエンジン型の除草機を

動かした、3度目だが、田んぼというのは足元が悪い。苗が筋状に植えてあるところを、

苗の間をかき回すように進む。足の筋力が落ちているから、おぼつかない動きで、

苗を書きましたところが多い。今年は丁寧な仕事はできない。およそ2時間を

休みながら行った。息が切れるという有酸素運動で10分ぐらい休む。

田んぼは農薬を使わないので、周りに比べると生き物が多い。

かえる、トンボ、ほか様々。この田んぼは圃場整備したところなので、ドジョウやタニシ

はいない。30年前の田んぼにいたが、便利と効率化で生き物が消えた。

農薬は除草剤で、田植え直後に粉末のものを投げ込むと稲を植えた水面にすぐ広がり、

田んぼをコーチングしてしまう。苗以外は伸びないようにする薬品である。

農薬をまいた田んぼは水が澄んでいる。オタマジャクシは生きているが他の

生き物はどうか。

無農薬の田んぼでは、ユスリカの幼虫やミジンコ類などが増加して土壌を攪拌して

水を濁らせる。草を生えさせないという目的の除草剤だが、それだけでない。

農薬の基本材料がネオ二コチノイド系という名のニコチンに似ているものだ。

これが生き物に入ると、脳細胞の神経伝達のコンセントのような機能を異常にする。

結果として、生物は死ぬ。そのような栽培法の農産物を食べている私たちだ、

影響は、確認されている。

 

日々 11:59 comments(0)
一酸化窒素

コロナウイルスの現象はまだ続くようだ。感染者を判定する

機械の導入がこれから進むらしいという、地元の情報である。

体温の測定は多くの施設で行っている。

アメリカで始まっているのが、呼吸器に一酸化窒素を加える方法だという。

一酸化窒素は血管を柔らかくするもので、感染者の治療に取り入れている。

体外から入れなくとも、自分の体で作っている。

血管の壁に内皮細胞があり、そこで作られている。

ためしてガッテンという番組で以前に紹介された。

乾いたタオルを力を入れて絞る。3分程度力を入れて、緩める。

これを繰り返すと一酸化窒素が作られる。

緊張と不安の生活は血管の梗塞を作っている。動脈硬化、脳こうそくなど。

生活の中で緊張と弛緩の繰り返しを、リハビリ体操でやってみる。

日々 14:40 comments(0)
電気草刈機

去年の秋に購入した電気草刈機が故障した。

購入したホームセンターへ修理を依頼したが、手元に戻るのは、

先のようだ。

大腿骨骨折のあと、リハビリ兼用で農作業をしているが、この草刈機が

とても良い。エンジン式よりも、振動と騒音が少なく、気分的に楽なのが良い。

電気は、バッテリー充電で、運転時間は1時間弱。

春から使ってきたが、ある日、回転が止まった。エンジンなら農機具店に持ち込み

修理となるが、電気となるとそうはいかないらしい。メーカーの工場に持ち込み

調べたうえで代金を提示して、お客の了承で修理があって、引き渡しという。

修理件数が多く引き渡し時期もわからない。

電気草刈機は登場して3年ぐらいだろうか。室内用の充電式掃除機と同じではないが、

使いやすい。エンジンのように燃料を用意して潤滑油を注入してという面倒なことがない。

畑という砂埃の中での使用は過酷なものかもしれない。電気草刈機はまだ対応だ出来ていない。

これからの品質改良が求められたい。楽しい農業を目指すために。

 

日々 17:03 comments(0)
津南町議会

津南町議会が開催された。一般質問は全部がコロナ関連である。

基幹産業である農業は、コロナ関連で減収が予想されている。

米は、60キロ当たりで15000円以下という予想。

またカサブランカの花き栽培も同じ。すでに始まっている野沢菜栽培も同じ。

米や花きは昨年度と同じ作付で、減収分を補償する。

野沢菜はどうなのかわからないが、集荷先が野沢温泉村で、お客の減少で

在庫が残っているから、今年の製品を購入するかどうかわからない。

町の観光産業は、今年の行事は全部中止で、来年のスカイランタンは

観光協会では実施することにしたが、コロナが続くかもしれないので

中止という声もある。

この機会に都会脱出で、田舎でテレワーク仕事ができるかもという人向けの

案内を行ったらいかがかという議員の意見もある。

小中学校のオンライン教育で国が導入すということで、実施を前提に町がどう対応すべきか

混乱しているという教育長。

一時給付金の申請が少ないのはなぜかという、隣の十日町からの批判。

手続きが面倒だからとあきらめている人に声をかけるべきだろう、という意見。

コロナ感染者はゼロの地域で、不測の事態発生の緊急対応はできているのか。

原発事故発生となった時のヨウ素の配布をどうするか。新潟は県が行う。

農業人口の減少で、人手が足りない現状に旅行と農業体験と田舎暮らしを企画した

提案を用意すべきだ、という意見。検討したいという課長。

dmo の具体的な分科会を来年早々に招集したい。コロナで今年行う予定だった。

だいたいこんな内容の質問が展開された。

予定らしいが、副町長は任期切れで辞任して、別な方と交代する。

平穏なときならまだしも、この騒乱の時になぜ。

 

日々 16:39 comments(0)
東京アラート

東京アラートが解かれた。これで規制的な処置はなくなるようだが、自粛行動

は必要だろう。観光などの人の移動に関しては、過敏症的な反応になっている。

これは人口集中地以外の地域の方が強い。都会差別とでもいうか。

東京アラートから、東京カチートを連想する。フランク永井が若いころ、

オリンピック前の1958年、作詞佐伯孝夫、作曲吉田正で子供心に覚えている。

金の卵といわれた地方から就職で上京してきた子供たちが、都会の赤いネオンという

歓楽街を知るころだった。銀座でなく赤坂だった。

カチートとは、ドミニカの歌手でハリーベラフォンテが来日して、カチートという歌が

ラジオから流れた。意味は自分の分身、もう一つの自分とかいうもの。

高度成長期をうかがわせるような予感が漂い始めたころだ。

ケとハレというが貧しく平凡なケ、にぎやかで盆と正月と冠婚葬祭はハレ。

文明を知らぬ人跡未踏の地に開発の重機が入り、珍しい野生の生物がヒトの

手に渡り、静かに生きていたウイルスが目覚めた。ケの世界からハレに移る。

彼らにとっても未知の世界は興味津々だろう。

田舎から大都会に出てきた若者の気持ちだろう。

ウイルスが感染して肺炎が発症すると、高年齢者の死亡確率が高い。

肺炎が高齢者の死亡原因であることはわかっている。今のウイルスの

死者の年代別、人口割合、国別、とかの資料がまとまれば実態の解明になる。

中国の全人代で首相が発表したが、14億人のうち6億人は日本円で月に

1万5千円で暮らしている。この人たちにとって、ケ、の中の暮らしだろう。

ハレの上海北京香港は羨望の土地だ。世界グローバル化を目指したい気持ちがあるだろう。

コロナ状況下でマイナス成長でも株価は高値だという。もう一つの世界があるらしい。

日々 09:35 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS