サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
ナンバ歩きと呼吸法

ナンバ歩きをできるだけでもと心掛けている。

行進歩きよりも姿勢が楽なようだ。自分も腰が曲がるのが築いているが、

この歩き方だと素直に歩ける。上り坂も抵抗が少ない。

腰の後ろに手を回すような歩き方をやっている自分が、嫌と思っていたが、

そのような形がいらない。

歩きながら右足を出すときに息を出す、左足を出すときに息を出す。

手は腰のあたりで骨盤あたりに沿えるような感じか、足とともに動かす。

これを大きくすると民謡流しの踊りに進む。

ネットを検索すると、いくつかの教室や指導者の画面があるので見てほしい。

農作業でクワを扱う姿勢、盆踊りの手足の振り、空手の突きやけり、相撲の突っ張り、能の動作、

座り方、ほかいろいろ。

これは日本以外でも東南アジアに共通している。例えば、ウンコ座り、がある。

欧米の人はできない。椅子に座るか、地べたに座るか。

地べた座りをウンコ座りと呼んでいる人もいる。ヨガやスポーツんの指導者に多い。

トイレは腰かけ便器だが、あえて和式便器の姿勢を健康法の姿勢として見直してみよう。

日々 10:18 comments(0)
スキャンダルまみれ

新潟県知事の米山隆一さんが、自身のスキャンダルを週刊誌から取材され

公表するということが出版社より通告されて、昨日緊急記者会見がもたれた。

日曜日に記者とカメラが来て取材があり、その日のうちに後援団体に辞めたいと

辞意を漏らし、母親にも話したところバカ者といわれた。

母は米山さんに、早く身を固めて弱いものを守るという姿勢が大事と言ってきたのにと、

悔やんでいる。

県議会の自民党の野党は辞職を言ってくるだろう。国会と逆の構造である。

財務省の事務次官が取材の女性記者にセクハラ発言をして、週刊誌の音声が流れた。

声は本人であるという。財務大臣は事実ならアウトだといっているが、財務省に任せる

そうだ。事実なら被害者の女性記者に申し出てほしい。弁護士に対応させるという。

大臣がはっきりと行動を起こすべきだろう。財務省の対応は悪ガキ程度の対応である。

安倍政権のもとでスキャンダル、文書の書き換え、文書管理システム、官僚の忖度、など

噴出が止まらない。自民党内の良心といわれる人は何をしているか。

元はというと安倍晋三という、長州藩の殿様の威光をかざすというところからきている。

明治維新を復古させたいという思惑なのだ。後醍醐天皇の子孫を毛利家が擁護して以来、

長州は南朝の皇室と深い関係にある。これが江戸幕府と北朝の皇室を破壊して明治維新を

武力により成し遂げたということになる。

明治維新150年を迎えて、長州に錦を飾りたいから、私には一片の雲もない、という。

官僚の諸君は私が言わなくとも、行動を起こすように。

これは、絶対君主の考えだろう。今の日本国の政治の貧困さは北朝鮮と良い勝負である。

坂口安吾の堕落論の始まりかもしれない。

日々 09:52 comments(0)
隠蔽体質

捏造、隠蔽と次々に発覚する。

隠していたのでなく、存在していたところが分かったということだろう。

メガネをなくして探していたが、お前が捨てたのだろうと、濡れ衣騒ぎを聞いたことがある。

認知症の人を持つ家族に多い。

保存文書を探していたが見つからないから廃棄したことにしたのか、面倒なことは

ないことにしろ、ということか。

日本人の体質の中に文書管理を徹底するという文化がないと、思う。

アメリカの文書管理は徹底している。ベトナム戦争の発端を記録した文書だが

ニクソン大統領がうその文書を作り保存してあるが、現実の真実の文書も保存してある。

嘘でも本当でも文書は残す。大統領のいたずら書きも残す。

 

失敗の本質の本にあるが、都合が悪いと思われるものは書き直す。正直に書くと

弱気と判断されるから、うその数字を並べて強気を装う。太平洋戦争のことである。

明治以来、天皇体制の国だからと欧米にキリスト教があることをまねたが、

聖書を作ることができなかった。教育勅語がそれに代わるものがったが。

道徳や倫理が代役になるものでない。

法律も同じで縛られたくないという思いが強い。縛るのは天然自然なのだ。四季の変化、

台風、地震、火山、など。文字ごときなんとも思わないという気持ちが 頭の

片隅にこびりついている。だが、言霊に惹かれる。

日々 15:54 comments(0)
寒さで震える

天気予報では今夜と明け方は、山沿いは雪という。

とにかくあったか過ぎてどうしようもない。

雪下ニンジンが大人気というので、生産農家はニンジンの作付を増やし販売業者も

確保に追われ、販売促進に期待をかけていたが、この高温で肝心のニンジンが

腐り始めて、捨てるようなことになっている、という情報が来た。

低温化のニンジンはうまいが、温かくなると新芽が出てきて味が変化する・。

腐敗という現象は畑のなかでのことだろうか。

天候のせいにしてはがっかりの話である。

日々 15:24 comments(0)
高温でおかしな春、ジオパークガイド合格

雪はまだ70センチあるが、おかしな陽気だ。

人参の収穫はほぼ終了。周りの雪が解けてニンジンはどろどろの池となった。

それでも好評となって我が家の収入源でうれしい。

 

苗場山ろくジオパークのガイド認定試験に合格という知らせが来た。3度目の結果である。

農家民宿の企画として、ジオめぐりを提供したい。

移動は交通会社の車を頼む。ガイドを依頼する。2泊3日、3泊4日程度の行程はどいうか。

まだ、ジオパークの知名度が低いがこれからの時代だろう。

町の観光協会のホームページにジオパークがない。学芸員として認めないという理由。

観光と学芸という、縦割りで自らの体を縛るという考えが不思議だ。

農家民宿の立場で独自行動だろう。

 

日々 09:31 comments(0)
にほんみつばちーアカリンダニ

この冬に4の群を越冬させようと冬ごもりの囲いをして、冬明けの良い日に

外へ飛び立つ様子を期待したが、3の群が死滅していた。

死骸が床に積み重なっているのと、まったく姿がないところと違いがあるが

蜜は残っている。もしやアカリンダニかと思い、ジンコウキンリョウヘンの注文

もあるので、ミツバチの会に聞いてみた。藤原会長と話ができてそのとうりという。

岩手では発生が激しく、長野に次ぐような勢いという。

予防対策としてメントールの使用に入る。

このダニは、みつばちの気管支に入り壁を食べるというので蜂は死んでしまう。

成虫が被害者で、巣の中は成虫が死骸で重なっている。気管支を食べていたダニも

死んでしまう。ダニが移ることはない。西日本地域では猛烈に増えている。西洋ミツバチ

は耐性があるという。

ほかには、子出し病というのがある。巣門の前に死んだ幼虫を親が引きずり出すという。

この原因は自分はわからない。ある種の細菌が感染するのか。これには薬品が

効果があるという。

住宅にダニ対策があるが、ハチの世界も同じになった。住宅用の薬品は蜂を殺して

しまうのではないか・。スムシも被害が多い。これには乳酸菌が効果ありという。

初めの頃は、日本ミツバチは病気に強いという評判が変わってしまった。

西洋ミツバチは、予防として抗生剤の使用が当たり前になっている。

ヒトの世界では花粉症、各種のアレルギー反応が増えている。

生物の世界にもこういったものが蔓延する時代となった。

日々 09:58 comments(0)
86歳の自殺

先月の新聞紙上にあった死亡記事に、町内の86歳男性に死亡記事があった。

この人とは少しばかりの面識があったので、お焼香に伺うと考えていたのだが、

知り合いのお宅を訪問した際に、その人のことを聞いた。

その日の朝は機械を使って除雪をしていたが、10時ごろに救急車が来たので、

行ってみたら倉庫内で首つり自殺だった。

どうしてという原因だが、家庭は妻と中年の独身息子の3人暮らしで娘さんが

町外に家庭を持っている。この家は農家で以前は200羽の養鶏をやっていたがやめて

今は1町歩の米作りをやっている。経営は息子さんに譲っているが作業は手伝っている。

腰が悪くて冬に2週間ほど入院していた。奥さんは病弱気味だが在宅。

弁が立つ人で好き嫌いははっきりしていた。息子の縁談話にも口を出して破談ということがあったらしい。

このような家庭の一面と、高齢者の独身男性が抱える孤立化現象が重なるようだ。

町には老人クラブがあるが会員は減少気味で、自分から入会しようという気持ちがない。

他にも高齢者が集うサークルはあるが男性は少ない。

所詮、自分の家の農作業だけが自己満足だが、冬の雪の世界では農作業もない。

せいぜい雪相手となる。高齢男性の孤独をどうするかが田舎の課題である。

役場の福祉課が厚生労働省の指針〜自殺防止や認知症予防に対策として案内文書を

家庭に配布しているが形式にはまった対策は効果がない。印刷文書の配布で仕事を

している役人の発想では解決は遠い。40パーセントの高齢化率の実情である。

 

 

日々 10:13 comments(0)
3月の陽気  人参収穫の作業 ミツバチの飛翔

3月に入って、3日土曜日は特別に好天気となった。

この前の日から除雪機械で収穫の作業を始めた。積雪は2メートル前後で例年より少なめ。

寒気が強かった分雪が少ないのだろう。ニンジンの畑を探り堀りで見つけるが、間違えて

いたことに気が付いてやり直す。

15キロほど掘り出して夕食に食べた。毎年のことでも新鮮さがある。

雪下ニンジンの知名度が広がり。山形でも始まるという記事を見た。雪の下なら

全部同じという見方があるが、畑、肥料、雪質、積雪で違いがある。そんなことは

ないと断言されるが、経験上は違いである。エミデンスはというデジタルの世界で

差別化を図ってほしい。

 

この寒さで雪の中のミツバチが気になる。自宅にある2群のうち一つは死骸となって、

もう一つは元気だ。死骸の群の原因は何だろう。1月初めごろは外に飛び出していたのだが。

スズメバチの死骸があって、もしや女王蜂が食べられたのか。

畑にある3群は雪の下でまだ外に飛び出す状態でない。

だんだん雪が少なくなれば周囲の雪を取り除いて観察したい。

日々 11:07 comments(0)
春の日差し

今日は朝からよいい天気、春を感じる陽気となった。

温度は日差しが入る部屋が10度、入らないところが4度となった。

あの強い寒気の影響はなくなっていくらしい。開花予想が気象庁から出たようだ。

 

ヨーロッパからの観光客向けにカジノ施設を作るという議員たちが動き出している。

日本国には夜を楽しむ場所がないというのが彼らの言い分である。新宿歌舞伎町があるだろう

というのではない。カジノに入れば24時間金を使って楽しめる。パチンコがあるが

中身が違うという。ギャンブル依存症を育てるという批判には、日本人には2000円の入場料を

もらう。週3階が限度で月4回まで認めるという規制を作る。

外国で入場料を取るとこなどないという人がいるが、シンガポールは8000円という。

それでも一度設けた体験者は借金しても入場しても賭博にはまる。2000円は安いものだ。

動き出した議員たちにはおのような話は無関係なのだろう。推進するのが目的だから。

ヨーロッパからどんな階級者が来るというのか。たぶん昔の貴族、株で儲ける資本家、遊びに

金を使いこむ道楽者か。いずれにしても金をここに落とせばよいというのが議員の言い分。

雇用が増える、商品が得れる、宿泊業界が儲かる、電気を使うから原発が必要、政府は

外国の客を接待して喜んでもらう。いいことずくめの内容が花咲く。

 

ヨーロッパのサッカー場に入るとほとんどが高齢者で若者たちわずか、という話を聞いた。

全額国費で老後を見てくれる国には、老後を心配する貯金という考えがない。

つらい仕事で人生を過ごした労働者には定年後ののんびりした人生がある。

このような人がギャンブル趣味になるか。

労働は若者、使用人、昔だったら奴隷、という生活の価値観のあり方である。

戦争は奴隷や囚人を兵隊に仕立てたという歴史がある。

仕事はとっても苦しいが、流れる汗に未来を込めて、という歌である。日本人の

生活感覚はサービス残業をしてまでも働かねばということで維持しているから。

私どもの日常は貧困が実情、だからカジノで24時間遊ぶという世界の感覚が遠い。

日々 16:12 comments(0)
一休みの寒波

新潟県内というか日本海沿岸地方は猛烈な寒波に襲われているが、今日は太陽が顔を出してほっとしている。

十日町の積雪が250センチというのが昨夜の情報だった。隣の小千谷市もかなりの雪で国道は通行止めで

除雪作業だった。

私は農家民宿の会議が山古志で予定されていたが中止になった。暴風雪で危険だから無理という理由。

400センチ近い積雪らしい。ここにはアメダスがないので詳しいことがわからない。

長岡市の平野部で130センチ、近くの小出で200センチ、守門が300を超えているから豪雪

そのもので、平成18年の津南町の豪雪騒ぎに近い。

米山知事は雪害対策用の予算を使い切ってしまったので政府に援助を要請している。自衛隊の災害派遣

につながるのか。

津南は長野北信地方の気象状態になって、雪は190、寒気が強い。昨夜でマイナス6度になった。

今日は昼間でプラス3度である。明日は放射冷却で明け方の気温が低いだろう。

寒さが強いと雪がか軽くなり、除雪が楽だ。

日々 16:32 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS