サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 会議の参加 | main | 大雨警報 >>
異常低温気候

低温現象の気候が連続している。

昨日も、まきストーブに火をつけた。昼間は半そでシャツでも過ごせたが、夜になると

寒くなる。農作物の被害はいろいろ出ている。

アスパラガスは収穫激減である。春に植えた野菜の苗が大きくならない。例外もあるが、

かぼちゃの生育は良いが、稲のほうは悪い。ズッキーニは花が咲き実がついた。

きゅうりはまだだ。サツマイモの苗を作り生育を待つが、弱弱しい。イチゴは豊作である。

天明天保の大飢饉というのが明治維新の100年ほど前に起きて、6月に雪が降ったという記録がある。

これは、二宮尊徳の記録に出てくる。雪が降るようなので畑の大根を処分して

雑穀の稗やアワをまいて冷害に備えて乗り切ったという実話である。

 

琉球大学の名誉教授の説によると、今年は富士山噴火という予測がある。

気候変動が襲来するという学術上の予測はあるのだろうが事実はどうなのか。

 

今日は田んぼに出て動力付き除草機で仕事をしたが、冷たい田んぼというのは変なものだ。

 

ミツバチは人工分蜂をして予定道理に進んでいるが1群だけ王台からまだ出てこない。

はちみつは入っている。

日々 14:00 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS