サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 国難解散 | main | 台湾のお客 >>
ケチノミクス

表題は今日の毎日新聞社説の表題である。

安倍政権は、アベノミクスに始まって見出しを替えてきた。一億総活性化社会とか

女性活用とか多様にあるが現実としてどうなっているかという検証があるのか。

言い出しっぱなしだろう。真摯に謙虚に丁寧な説明とかいう言葉で言い訳をしている。

もりかけの言葉遊びのような発言であるのを報道で聞いている国民はあきれている。

しかし今日の新聞の世論調査では28パーセントの支持があり、希望の党を上回っている。

きぼうの党の登場から民進党の崩壊現象が発生して、まさに国会は国難である。

それを仕向けたのは安倍政権である。長期の政権が持つゆるみと慢心が根底にある。

かご池学園が安倍晋三小学校という看板を作るという笑い話があった。まことしやかに

報道されたことがくだらない。

 

安倍さんは潰瘍性大腸炎という持病で毎日成長ホルモン剤を服用している。一国の責任者が

薬を常用することで国の責任を全うしていることがおかしいという批判がない。

それをいう人がいるのは事実であるが、なぜ表に出ないのか。

自己免疫力がないから薬を使用して健康体を保つというのは半病人である。

高度に調合されたというホルモン剤の副作用は大脳に及ぶのではないだろうか。

次々に見出しを作り右肩上がりの経済政策と印象図ける姿勢は、社説のごとくである。

勝たねばならぬという観念第一主義で汚染されている。そのもとはこの薬の常用にある。

もはや日本国の政治中枢は薬害の中にある。

日々 16:58 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS