サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< ケチノミクス | main | 秋の収穫 >>
台湾のお客

先日、台湾から日本国内を旅行しているお客さんが宿泊された。

湯沢のゲストハウスというところから問い合わせがあり、こちらに来ることになった。

秋山郷を見たいというのが目的で、希望を叶えて移動された。

52歳という男性で、9月2日に北海道から日本縦断で11月末には韓国へ渡るという

長期の旅行である。言葉はほとんどが英語で片言の日本語ができる。

スマホを利用して意味不明なところは理解している。

非常に好奇心旺盛な方で、話題がありすぎて話が飛んでいく。

お風呂へどうぞというと、シャワーで十分という。2泊されたが朝夕は寒くて暖房

をつけたぐらいで、冷えるのではないかと心配したがなんでもなかった。

台湾は3000メートル級の山もあるが雪もないし冬でも気温は10度だという。

秋山郷は紅葉が始まっているから見事な景色だと事前説明したがわからないようだったが。

紅葉の仕組みを説明して現地を見て納得された模様である。

定期バスで終点まで行って、歩いて戻ってきたいというのでバスの運行時間と

停留所の時刻を書いたメモを渡して秋山郷に行った。旅慣れているから不安もなく

戻ってきた。

見倉のつり橋を見たかったが数少ないバスの時刻に間に合わせるために行くことがかなわなっかった

と残念がった。

次は妙高高原のホテルに泊まることになっているので心配ないよという。縄文土器の説明をしたら

興味を持たれたの展示してある施設に案内して、職員から詳しい説明で満足っだ。次の目的へ

飯山線で出発された。

日々 16:49 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS