サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 寒波の底 | main | 久しぶりの晴天 >>
寒波と呼吸法そのー2

寒い夜、布団の中で行う呼吸法は内観の法を応用する形でもよい。

吐く息は長くして、回数を多くする。慣れてくると、静から丹田の気を

強く促進に押し出すようなことができる。これはおなかが温かくなる。

100回程度できるかと挑戦するがそこまではいかない。

瞑想法を使うのもよい。天外司朗さんの、宇宙に続く根っこの瞑想法、の本

にある方法である。

 

初めに百会から気を吸い込み会陰に抜ける。

頭の百会から気を吸い込み、順番に1回ごと、額のど胸へそ丹田会陰とそれぞれ息を吐き吸い、

最後に会陰から抜けるイメージを持つ。これを繰り返す。

瞑想だから呼吸は静かでよい。この方法は立っても座ってっもできる。詳しくは本を見てほしい。

呼吸法と瞑想法は表と裏のようなもの。

この寒波の中で取り組んでほしい。

もう一つ、矢山俊彦さんの大周天と小周天がある。詳しくはネットでご覧いただきたい。

日々 11:27 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS