サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 寒波と呼吸法そのー3 | main | 厳しい寒波 >>
東京の夜はつまらない

このような意見のもとに集まる自民党と他議員が団体を立ち上げた。

要するに欧米にあるようなカジノ施設を東京をはじめ各地に作れという働きかけ

を狙うという。

交通機関は24時間運転、店舗そのほか同じ。こうすることで観光客は不便なく

遊べる。結果、多額の経済効果が生まれる。金を使ってもっと面白く過ごしたい

という欧米からの観光客が多いのである、といっている。

香港、ラスベガス、ほかにも先進地例があるだろう。

ネットを見ていたら、日本人は高齢者でも働いているがなぜなのかという中国人

観光客の文章があった。今の日本社会は高齢でも働かざるを得ないのである事実を言っている。

少子高齢化、サービス残業、所得格差、国民年金受給者の生活苦、中高年の引きこもり、

安倍政権の赤字国債の増え方。トランプ大統領の言ううままの自衛隊への武器購入。

コンビニでは24時間営業を見直す組織が出てきた。

サービス拡大がすべてに優先する時代が過ぎようとしているときに、オリンピック

開催にチャンスとばかりにこのようなことに乗り出す議員の存在がある。

サービス残業で豊かになったかどうか、実態を知るべきだろう。

高齢者が若者に交じり深夜労働をやっている姿を想像するだけでも、

都会の寒さがこたえる。

 

 

日々 16:54 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS