サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 地域消防の消滅 | main | 猛暑の毎日 >>
議会傍聴

昨日から3日間、津南町議会の開催であり、新町長の所信表明演説がある。

初日に傍聴に出かけた。関心が高く席は立ち見もあり満員だった。

人数は40人ぐらいで、女性が10人ぐらいか。

猛暑の天候という厳しい環境だが、政治に関心を持つようになった選挙である。

 

所信演説は選挙期間中と変わらないが、キャッチフレーズを掲げた。

愛と希望と参加である。2児の母であり町長という仕事と子育てを同時に行っていく。

住民にとって住んで良いという希望、調整の実行に住民参加を願う。

農業立町を継続し、観光を加える、農業観光を目指す。病院の改善と町の宿泊施設の課題。

保育園の1園化。スピード化をもって取り組む。

次に議員質問が始まる。

1番は農業に力を入れてほしい。農業観光とは何か。希望をと不安が混在する所信である。

2番目は病院の問題。すぐにでも慈恵医大へ行き常駐医師の確保といってたが。

 町長いわく、行ってない、8月に行く。日帰り以外のことを常駐というらしい。

 日帰りだけでも25万円の費用がいる。1年の赤字は5億円。2回続いている。

 3階の病床が空いているが活用方法は考えているか。公設民営化といってきたが具体案は。

 待機児童のその後は。保育園の1園化の進行状況は。

 

 公設民営化はこれから検討する。保育園は地権者と交渉中決まり次第公開。待機児童は

 一人になった。 病院事務局長と教育長、副町長の答弁となった。

 

自分はこの日、午前だけの傍聴であった。

 

新町長は、31歳であること、幼児を育てている、だから今が出るときだと住民に答えている。

何をどうするという方向性がない。政治家になることが目標である。

これは町長の生きてきた環境が後ろにあるようだ。政治家の階段をあがれという命題にある。

 

 

 

 

 

日々 11:10 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS