サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 丹田呼吸法 | main | 田舎暮らし体験旅行 >>
丹田呼吸法、小周天と大周天

これは矢山式からの引用になる。

ヒトの体は、気が流れている。頭から顔胸腹足元へ後ろ側も流れる。これが小周天。

頭から入って、体の中を抜けて足に抜ける、これは大周天。気の方向に対して、左に

気が旋回している。気という概念は中国の経絡からきている。いわゆる

ツボというのがその例である。

この流れを呼吸法で実感する。太極拳、ヨガ、八段錦があるが、矢山式は

それらを応用する。白隠の内観の法と軟蘇の法も応用されている。

実際にやってわかった一つに、指先が温かくなるということ。心臓から流れる

動脈と戻る静脈で静脈の戻りが刺激されてくるからという説明がある。

これは呼吸法に言えることで、意識の呼吸が無意識の呼吸に代わる。

寝ていてやていると、意識呼吸が少なくなって無意識になりしばらくすると

無意識で意識呼吸が始まっている。この呼吸が気持ちが良い。feedbackという。

おそらく、ドーパミン、エンドルフィンなどが脳内で生まれていると思う。

これがナルチスト現象の根本かもしれない。自己満足を自分で認めてそれを

仏と思う、といってしまうと変なものにかぶれたと思うかもしれない。

衆生本来仏なり、とはそこにある。

スポーツ選手や芸術作家が没頭して、練習や作業に集中する姿であろう。

日々 10:26 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS