サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 丹田呼吸法、体の声 | main | 雪下ニンジンの収穫準備 >>
丹田呼吸法、やさしいひと

子供への虐待はどうして起こるのか。

人生相談の回答者に加藤諦三さんがいる。著書にやさしい人がある。

いくつかを記述してみる。

自分の人生目標がないと焦る、内面が充実していないから。

内面が充実していれば相手を許せる。過去に執着している人は充実していない。

過去にこだわるから今が苦しい。執着性格、神経症という。この悪循環を断ち切る。

過去をしがみつく人は子供を叱る時に過去を引っ張り出す。今日だけ元気、それが明日につながる。

自分の終着駅があれば感情に流されない。心の葛藤を社会的成功で解決しようというのを

神経症的解決という。エリートコースのようなもの。小さい子が元気なの母親が認めてくれるから。

素直に認めれば、関係はうまくいく。スーパーマンでなければいけない、ありのままではいけない、

という表現を与えられてきて意識に刷り込まれている。それを子供に求めることで親は心の傷を

癒している。親から子供への虐待。親が子供に甘えている。誰でも幼児的願望を持つが、子供で満たそうと

する。成績優秀、社会的に偉くなれという要求を子供に強制する。本来の心地よさがわからない。

愛されているのがわからない。愛を知らない人は優越感が喜びになる。

愛は自信を与える。愛されて育った人は傷つきにくい。子供にスーパーマンになることを求めることは、

親のいじめで、情緒的虐待。

やさしくなれば楽になる。やさしくなると劣等感が消える。不幸を乗り越えてやさしくなる。

初めからやさしい人もいれば、途中からやさしくなれる人もいる。

1日1日をきちんと生活すること。自分を信じること。

心もようは空模様。心が迷っても身体は迷わせない。きちんと呼吸をすること、これが丹田呼吸法。

 

日々 11:33 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS