サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 雪下ニンジン収穫始まる | main | 新しい旅のたたち >>
3月19日火曜日

今日は晴天で、気温は9度、積雪127センチ

ミツバチは2群が生存している。花粉の団子を後ろ脚にくっつけて

巣に運んでいる。花は蕗だろうか。雪がなくなったところから花が咲きだしたのだろう。

ミツバチの生命力、生きる強さも自然かもしれない。

ニンジンの収穫をしているが、植えてある畑の半分を終えた。

今回は個人注文が少ない。お客さんも高年齢化してきて、いろいろな都合で

注文を控えたのだろう。人口減少は右肩上がり市場主義に黄色の点滅がともっている。

地元では女性の団体で生活改善会の設立40周年記念大会が行われる。

会員の高年齢と入会者の減少で、活動が停滞気味。このような記念集会は

今後行われないという予測のもとにある。

伝統料理を昼食にして、東京池袋の、もう一つの台所、の代表者に講演を依頼した。

中山間地振興という政府の政策とは無関係だが、観光の分野として伝統料理は

切り離されないが、継承ができるのだろうか。

dmoという政府の政策が助成金消化の成り行きになっているという批判がある。

日々 11:43 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS