サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 5月21日火曜日 | main | 5月31日曇りのち雨 >>
苗場山ろくジオパーク5月研修会

19日は同会のお宝巡りがおこなわれた。地元の家族ずれが3組の参加で、

初めてのことだ。認知されてきているのだろう。なじょもんの訪問客も多くなった。

お宝巡りという呼び名は、研修会とか現地めぐりとかでは固すぎるので、

呼び名を考えてこのようにした。他の地域も同じらしい。

ガイドが70名となったが、出番がない。ごく一部の人に限られている。

訪問客が増えれば出番が多くなる。

知識だけの案内でなく、雑学的な内容もあっていいと思うが。

事務局担当の方に藤岡幹太郎氏著書のフォッサマグナを見せたところ

借りたいといってバッグに入れた。武田鉄矢の解説本であるというお話で分かってもらえた。

苗場山ろくは、フォッサマグナの東縁にあるらしいので話題に取り上げることだろう。

この本に初めのところにドイツから来た、ナウマン君が登場するが、20歳である。

明治の初め、伊東博文が政府と交渉したものである。

日々 11:47 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS