サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 梅雨の長雨 | main | いつまでも続く長雨 >>
災害豪雨

去年と同じような大雨が降っている。

鹿児島は県内全域に避難勧告が出ている。火山噴火の火山灰が

地面を覆っているために、崩壊しやすいということだ。農家にとっては、

水田畑の農地が水につかり、今年の農業はどうなるのか、心配でたまらない。

ここからお見舞いといっても、話にならないが、このような気持ちだ。

こちらは豪雨ではないが長雨に参っている。草苅仕事だけで進んでいる。

作物は、ブルーベリーが良い。栗の花が満開なので栗が楽しみ。

サツマイモの苗の植え付けが、終わる。エゴマは順調だが、草取りが、

思いやられる。水田は雨続きでいもち病が心配される。肥料の追肥は危険と思う。

 

ミツバチは、女王蜂がいないと騒いだが、卵が産まれている。

卵のない巣がきれいになっていたのは、王蜂がいたことになるのか。

産卵を休む時があると、ネットの西洋ミツバチ情報を読んだ。栗蜜が入ったのか、蜜が入って、

蜜の採取をした。1群なので数量は少ないが、群れの勢いが良いので蜜とりも

出来そうだ。人工分蜂ができるかどうか、これからの様子である。

女王蜂がいないというので、日本ミツバチの分蜂群を注文した。育成したものが

来るらしい。分蜂したものを箱に入れて送るのは無理と思う。取りに行くならやれるが、

運送便で送る以上、しっかりした状態が必要だろう。今回は郵送便になり、試行錯誤

を繰り返しているから心配なし、という先方の養蜂家のお言葉である。

日本ミツバチを販売するというのはネットで調べても少ない。

西洋ミツバチの販売は確立されているから多い。この場合は値段はいろいろだが、

1群1枚1万円で、3枚群5枚群が多い。箱代と、送料で合計すれば高額だ。

日本ミツバチも似たようなことだろう。

 

日々 11:25 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS