サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 療養生活 | main | 2020東京オリンピック延期 >>
療養生活-3月23日

本日は晴天、津南デンタルクリニックへ行った。2月13日に行く予定が

入院でだめになり、十日町病院のレントゲン写真を持参して、治療を受けた。

骨折の治療促進薬としてこっそそうしょうの予防薬があり、歯の治療に

関係するかもしれないから、定期的に検査するようにしたい、というもの。

診察後役場の総務課に行く。農業センサス業務中に事故で、公務中という

保障の手続きをしてもらった。そのための申請と報告書類の用紙があり

当時と今の状況を記入して提出する。担当者から用紙を受け取り帰宅した。

今週の金曜日に十日町病院にてレントゲンと診察を受ける。

 

今晩から明日に20センチの雪という予報である。変な天気が今年の特徴。

コロナウイルスはオリンピックの延期をもたらすようだ。完全な形の開催という

安倍総理は延期というだろう。

セロトニン理論から言うと、dopamineの暴走でやってきた経済にコロナウイルスが

邪魔をした。おそらく今年中に収まるのかわからない。ウイルスは物質で

生物の遺伝子に入り込んで生きる。生物にとっては異物だから、毒になり宿主は死ぬ。

死んでしまうと困るので、数年間で毒を弱くする。それが免疫の力。

宿主とウイルスの共生が始まる。それを待つことが生きる力。

セロトニンはその力を持っているのだが、dopamineの暴走がストレスを呼びノルアドレナリン

とアドレナリンの分泌を読んでしまったために、セロトニンは弱くなった。

分不相応な成長や発展が自らの破滅をもたらすという自覚を持て、ということに尽きる。

二宮尊徳の言葉に、分度の生き方がある。収入のうちの7割ないし8割で生活し、残りは

使うな、余力があれば社会に還元すべき、という。

世界の経済が右肩上がりに暴走し、酔いしれている。そのシンボルがオリンピックだろう。

延期で大損が確実だから、オリンピック委員会はやりたい。安倍総理も同じ。

 

 

日々 14:18 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS