サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< ミツバチ、経過 | main | 田植え終了 >>
丹田呼吸法

白隠の内観の法を紹介したが、軟蘇の法がある。

夜舟閑話と遠羅手釜の2冊の著作にある。

内観の法は、布団の中で出来るが、軟蘇の法は瞑想に近い。

瞑想というが呼吸法を続けていると瞑想になる。呼吸を忘れていること。

この方法は、ふっくらした座布団に座り、軟蘇という香ばしいものが、

頭の上から降りてきて、だんだんと体を降りてきて、足元にたまっていく、

というイメージを行う。坐禅というものでもないが、頭から香ばしいと

夢想することである。額、鼻、のど、肩、ひじ、胃袋、腸、肛門など

体のかく所を思いながら、上から下に流れるように念じる。

 

空海がやっていたという、阿吽呼吸法があるが、ア、エ、イ、オ、ウ、ウン、

を唱え、頭の上が百会でア、へそ下丹田がエ、背骨のしたが仙骨でイ、

胸の前と後ろがオ、のどとみぞおちがウ、ヒタイとアtまの後ろと手の労宮と足の足心

がウン、と念じながら声を出す。怪しまれぬように。発声練習によい。

直立して10分ぐらいやる。体を巡る、気、を体験する。これは矢山式気功法でネット動画にある。

ヒトの体の周囲に気が流れているが、体のツボと声と発生の3個の相乗が気を感じて気分がスッキリする。

立禅,たんとうこう、というものもある。古代中国から受け継がれてきている。

 

日々 11:57 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS