サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 秋の風を感じる | main | 今の農作業 >>
自粛行動

コロナを感染させないから、マスク着用が当たり前になっているが、畑仕事で

作業をするときはつけない。畑でマスク姿を見かけない。

農作業でマスクをしていたら熱中症になるだろう。40度の町中をマスクで歩く

人たちは体力を消耗している。チベットと太平洋の二つの高気圧に覆われている

日本列島の苦しみは消えない。自粛自体がストレスなのに自然環境がかぶさっている。

安倍総理が、慶応大学病院fで7時間の検査を受けたが、アベノマスクだけでは健康管理はできない。

政治家さんは気力体力健康は一般人よりはるかに強いが、総理ともなると桁が違うだろう。

支持率の低下や、森友問題などのいい加減な対応が批判を浴びている。

コロナ対策も批判の対象だ。世界を見てもうまくいっている国がない。

アメリカと中国の間で、アメリカに傾きながら様子を見ている様子で、健康管理はできるのか。

潰瘍性大腸炎は猶予をくれるのか。成長ホルモン剤の効果が持続可能か。

日本人の自粛行動に賛辞を贈る外国人がいるようだが、常に人の目線を気にするという

固有の意識行動である。自己主張の前に他に批判されるかどうかを気にする。

75年前の天皇命令である、天皇のために天皇体制維持のために人柱となれ、という時代があった。

あらゆる面でこういった上からの意思伝達が、社会の仕組みに機能していた。

マスクは口元を隠す。目は口ほどにモノをいう、というが、曇った言葉が意味不明瞭な会話を作る。

それを目で補えるか。五感のひとつをふさがれているのだ。

民度が高い国民、という政治家がいるが、何を言っているのか。

日々 14:51 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS