サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
<< 異常な残暑 | main | 赤とんぼ舞う >>
フエーン現象

台風10号の影響で新潟地方はフエーン現象になっている。

真夏日と熱帯夜も重なり、つらい日々である。それでも日中の様子は

外仕事は少し楽になったろうか。

報道は、コロナ、台風、安倍辞任、殺人事件と、鬱になるような内容で占められている。

 

農業は稲刈りが始まった。8月の熱帯夜の影響で品質が心配で、強風の日と大雨があり、

稲が倒伏している田んぼが多い。この炎天下で稲刈りはきつい。機械が仕事をするから

苦労はないと豪語する若者もいる。

秋野菜の種まきだが、この天候で発芽が気になる。玉ねぎは種の播き方が少なくて

不良となった。仕方ないので店に苗の予約をした。

野菜特売所では、トウモロコシを買い求めるお客が今も殺到している。

県内で大量に作付しているところは、津南の島田さんというところだけらしい。

鬼モロコシというブランドが評判でネットの掲載がお客を呼んでいる。

 

安倍辞任では、県下では何回か安倍総理が選挙の応援に来ると自民党候補は落選している。

安倍総理か自民党か、嫌われているのは事実だ。塚田一郎さんが安倍総理の地元で

忖度発言をしたことも影響している。今度の選挙には、女性問題で県知事を辞任した

米山隆一さんが野党から立候補をする。室井さんという著名人と結婚したので当選の確率が高い。

津南町では保育園の改築問題で、役場の方針に異議を唱える住民団体が抗議行動を起こしている。

桑原はるか町長が進めるdmo関連で方向を諮問する委員会が会合を持っているが、具体性に欠けるという声

が委員から出ている。観光協会のあり方と対立するからだ。何もしないdmoになるかもしれない。

コロナウィルス禍が続く間、鬱の状態があるのだろ言う。

この異様な暑さの中での稲刈りはやりたくない。赤トンボを見かけない。コオロギが鳴かない。

ミツバチは、そばの花が咲いているので、はちみつを期待したい。

日々 10:03 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS