サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
本来の面目その2

子供は親から生まれる。人の場合20代の祖先をさかのぼると、およそ100万人

になる。人生40年として800年である。

もっと上をたどれば5億年前はヒドラという生き物である。これは今でも生存していて

水辺にすむ。この生き物の形は口があってすぐに腸があり食べ物は租借されて吸収されるものと

廃棄されるもの分かれる。廃棄されるものは口から出る。出入り口である。移動するのは

ヒレで行う。頭脳があるが、口の周囲だ。要するに頭と腸はそばにある。脳と腸は同じ環境にある。

これが私たち人の祖先であった。

進化の過程で腸と頭が離れてしまった。ここから悩みが始まる。呼吸の乱れも起きた。

ヒトは壊れた本脳の持ち主、というのは岸田秀先生の学説である。野生の生き物に

子育ての失敗はない。ヒトだけである。アフリカの原野を引きこもりの子供を連れた母親像

がいくなんてのはない。呼吸はきちんとしている。

本来の姿は腸と頭脳が同じで、呼吸も乱れないということ。

それならせめて呼吸だけでもきちんと意識してやろうというのが呼吸法。

ヨガ、禅、瞑想など、古くから悩む人が見出した作法である。

広岡達明氏の著作に、悲運でも心まで悩ますな、がある。氏は中村天風に師事して、

プロ野球の世界を生きてきた。自分の体験で呼吸法を説いている。

白隠禅師の言葉にそっくりである。

本来の面目とは、ヒドラに時代に戻る呼吸である。内観の法で睡眠時に

実行すること。その時の章句がこの言葉。

気海丹田腰脚足心こそ本来の面目、何の鼻孔かある。全部で4つあるがその初めだ。

日々 16:03 comments(0)
丹田呼吸法、本来の面目

自分は呼吸法ほ初めて30年を過ぎた。

きっかけは12指腸潰瘍の手術だった。原因は親子の葛藤。

長男に対する母の期待はすさまじく、自分の思うように育てたい欲望にあった。

田舎から都会暮らしにあこがれてやがては、田舎を見返したいという都会願望

そのままの女の生き方がある。

お稽古事、家庭教師、学習塾、英会話教室など学校以外の時間を転々とした。

それが当然か仕方ないかとかいう判断が全然なかった。完全洗脳支配下の子供だった。

母の田舎の実家へ行き自然の中で遊ぶ楽しさが唯一の喜びだった。

父母の関係は父が持ってくる給料で成立していて、子供から見ていて常に火花を

抱えた、不安な関係に終始していた。

子供の育て方に父親は口を出さず、すべて母親の思うままだった。そしておとなしいいい子になった。

 

このような幼少期の子供の心理は満たされない思いが大きく、やがては心身症となり、

症状が出てくる。自分の場合は潰瘍であった。

生きているうえで呼吸をする、不安でも安心でも。しかし呼吸の中身が違う。

不安の時は吐く息で俗にいう肩でする。安心では腹でする。

家庭に不安を感じる子供は呼吸が浅い。それが集中力の断絶につながる。

親の顔とか了解を忖度しているから、自分自身が集中できない。親に賞賛されるあるいは、

社会に賞賛されるという世間に迎合する生き方に染まっていく。

 

本来の面目とは,腹腰脚足心にあるというのが白隠の呼吸法。呼吸は鼻が大事だが、それはない。

ただ息を吐く,足心に向けて確実に吐く。毎日いつでもどこでもやる。忖度している自分に気が付く

時が来る。とにかく行うという気力。

日々 10:33 comments(0)
外気温マイナス9度

今日は寒い朝となった。

アメダス画面の表示でマイナス9度。室内で0度。

放射冷却で、太陽と青空が眺める。

雪国では最高の日和だ。家にいるのがもったいない。

温泉でも出かけようかという気分。

明日は曇りだが気温が高くなりそう。

日々 09:09 comments(0)
謹賀新年

元日に晴れ間が出て以来、今日は朝から太陽と青空が広がった。

昨日の積雪が190センチが今日は160センチと沈み、気温はマイナス1度が

プラス2度となった。明日から雪と曇りの1週間らしいが8度の日があるらしい。

きょうは、松之山温泉に行ってきた。昼食をはさんでのんびりできた。

屋根に上がって雪下ろしをする家があるが、屋根の構造を落下式にしている家が増えた。

屋根から落ちてのけがや、屋根から落ちる雪の下敷きになる人が毎年いて危険そのもので、

若い人がこのような作業を嫌う。

雪が降れば車を出すために除雪をする。これは義務みたいなもので20センチ以上なら

やらねばならぬ。30とか40になると苦労そのもので高齢者にはきつい。

自分のことだが若さがうらうらやましい。

この寒さでミツバチの姿を見ない。元気で冬越ししていることを信じる。

 

去年はもっと寒く、雪が少なかった。守門の積雪は津南より多かったが、今年はちがう。

十日町はここより1メートル少ない。この冬の雪は多いのかもしれない。

 

日々 16:53 comments(0)
寒波襲来

予報が当たって寒波襲来。

朝の積雪は70センチ、外の気温はマイナス3度、室内は4度。

外の水道が凍結して、ふろの湯をかけて流した。

朝は、1時間かけて除雪、お客さんがいるので丁寧にやる。

暖房は薪ストーブだが、寒すぎると効果も薄れる。

こんばんは灯油ストーブを持ち込もう。

この寒波は年末まで襲来のようだ。

佐渡は強風でフェリーが止まっている。

日々 16:45 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS