サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
雑話

昨日、店からの知らせで、電気草刈機の修理が住んだというので引き取ってきた。

どこの原因かという説明はなく、部品全体の劣化ということだった。

モーター異常なしとかで、使う頻度が多すぎたのか。これからは、エンジン型と

使い分けよう。しかし使いやすいので、電気式は2台がいいか。ほかのメーカーもあるが

故障が多いとなると困る。

体の調子が良くないが、リハビリと覚悟して、昨日は田んぼでエンジン型の除草機を

動かした、3度目だが、田んぼというのは足元が悪い。苗が筋状に植えてあるところを、

苗の間をかき回すように進む。足の筋力が落ちているから、おぼつかない動きで、

苗を書きましたところが多い。今年は丁寧な仕事はできない。およそ2時間を

休みながら行った。息が切れるという有酸素運動で10分ぐらい休む。

田んぼは農薬を使わないので、周りに比べると生き物が多い。

かえる、トンボ、ほか様々。この田んぼは圃場整備したところなので、ドジョウやタニシ

はいない。30年前の田んぼにいたが、便利と効率化で生き物が消えた。

農薬は除草剤で、田植え直後に粉末のものを投げ込むと稲を植えた水面にすぐ広がり、

田んぼをコーチングしてしまう。苗以外は伸びないようにする薬品である。

農薬をまいた田んぼは水が澄んでいる。オタマジャクシは生きているが他の

生き物はどうか。

無農薬の田んぼでは、ユスリカの幼虫やミジンコ類などが増加して土壌を攪拌して

水を濁らせる。草を生えさせないという目的の除草剤だが、それだけでない。

農薬の基本材料がネオ二コチノイド系という名のニコチンに似ているものだ。

これが生き物に入ると、脳細胞の神経伝達のコンセントのような機能を異常にする。

結果として、生物は死ぬ。そのような栽培法の農産物を食べている私たちだ、

影響は、確認されている。

 

日々 11:59 comments(0)
一酸化窒素

コロナウイルスの現象はまだ続くようだ。感染者を判定する

機械の導入がこれから進むらしいという、地元の情報である。

体温の測定は多くの施設で行っている。

アメリカで始まっているのが、呼吸器に一酸化窒素を加える方法だという。

一酸化窒素は血管を柔らかくするもので、感染者の治療に取り入れている。

体外から入れなくとも、自分の体で作っている。

血管の壁に内皮細胞があり、そこで作られている。

ためしてガッテンという番組で以前に紹介された。

乾いたタオルを力を入れて絞る。3分程度力を入れて、緩める。

これを繰り返すと一酸化窒素が作られる。

緊張と不安の生活は血管の梗塞を作っている。動脈硬化、脳こうそくなど。

生活の中で緊張と弛緩の繰り返しを、リハビリ体操でやってみる。

日々 14:40 comments(0)
電気草刈機

去年の秋に購入した電気草刈機が故障した。

購入したホームセンターへ修理を依頼したが、手元に戻るのは、

先のようだ。

大腿骨骨折のあと、リハビリ兼用で農作業をしているが、この草刈機が

とても良い。エンジン式よりも、振動と騒音が少なく、気分的に楽なのが良い。

電気は、バッテリー充電で、運転時間は1時間弱。

春から使ってきたが、ある日、回転が止まった。エンジンなら農機具店に持ち込み

修理となるが、電気となるとそうはいかないらしい。メーカーの工場に持ち込み

調べたうえで代金を提示して、お客の了承で修理があって、引き渡しという。

修理件数が多く引き渡し時期もわからない。

電気草刈機は登場して3年ぐらいだろうか。室内用の充電式掃除機と同じではないが、

使いやすい。エンジンのように燃料を用意して潤滑油を注入してという面倒なことがない。

畑という砂埃の中での使用は過酷なものかもしれない。電気草刈機はまだ対応だ出来ていない。

これからの品質改良が求められたい。楽しい農業を目指すために。

 

日々 17:03 comments(0)
津南町議会

津南町議会が開催された。一般質問は全部がコロナ関連である。

基幹産業である農業は、コロナ関連で減収が予想されている。

米は、60キロ当たりで15000円以下という予想。

またカサブランカの花き栽培も同じ。すでに始まっている野沢菜栽培も同じ。

米や花きは昨年度と同じ作付で、減収分を補償する。

野沢菜はどうなのかわからないが、集荷先が野沢温泉村で、お客の減少で

在庫が残っているから、今年の製品を購入するかどうかわからない。

町の観光産業は、今年の行事は全部中止で、来年のスカイランタンは

観光協会では実施することにしたが、コロナが続くかもしれないので

中止という声もある。

この機会に都会脱出で、田舎でテレワーク仕事ができるかもという人向けの

案内を行ったらいかがかという議員の意見もある。

小中学校のオンライン教育で国が導入すということで、実施を前提に町がどう対応すべきか

混乱しているという教育長。

一時給付金の申請が少ないのはなぜかという、隣の十日町からの批判。

手続きが面倒だからとあきらめている人に声をかけるべきだろう、という意見。

コロナ感染者はゼロの地域で、不測の事態発生の緊急対応はできているのか。

原発事故発生となった時のヨウ素の配布をどうするか。新潟は県が行う。

農業人口の減少で、人手が足りない現状に旅行と農業体験と田舎暮らしを企画した

提案を用意すべきだ、という意見。検討したいという課長。

dmo の具体的な分科会を来年早々に招集したい。コロナで今年行う予定だった。

だいたいこんな内容の質問が展開された。

予定らしいが、副町長は任期切れで辞任して、別な方と交代する。

平穏なときならまだしも、この騒乱の時になぜ。

 

日々 16:39 comments(0)
東京アラート

東京アラートが解かれた。これで規制的な処置はなくなるようだが、自粛行動

は必要だろう。観光などの人の移動に関しては、過敏症的な反応になっている。

これは人口集中地以外の地域の方が強い。都会差別とでもいうか。

東京アラートから、東京カチートを連想する。フランク永井が若いころ、

オリンピック前の1958年、作詞佐伯孝夫、作曲吉田正で子供心に覚えている。

金の卵といわれた地方から就職で上京してきた子供たちが、都会の赤いネオンという

歓楽街を知るころだった。銀座でなく赤坂だった。

カチートとは、ドミニカの歌手でハリーベラフォンテが来日して、カチートという歌が

ラジオから流れた。意味は自分の分身、もう一つの自分とかいうもの。

高度成長期をうかがわせるような予感が漂い始めたころだ。

ケとハレというが貧しく平凡なケ、にぎやかで盆と正月と冠婚葬祭はハレ。

文明を知らぬ人跡未踏の地に開発の重機が入り、珍しい野生の生物がヒトの

手に渡り、静かに生きていたウイルスが目覚めた。ケの世界からハレに移る。

彼らにとっても未知の世界は興味津々だろう。

田舎から大都会に出てきた若者の気持ちだろう。

ウイルスが感染して肺炎が発症すると、高年齢者の死亡確率が高い。

肺炎が高齢者の死亡原因であることはわかっている。今のウイルスの

死者の年代別、人口割合、国別、とかの資料がまとまれば実態の解明になる。

中国の全人代で首相が発表したが、14億人のうち6億人は日本円で月に

1万5千円で暮らしている。この人たちにとって、ケ、の中の暮らしだろう。

ハレの上海北京香港は羨望の土地だ。世界グローバル化を目指したい気持ちがあるだろう。

コロナ状況下でマイナス成長でも株価は高値だという。もう一つの世界があるらしい。

日々 09:35 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS