サンベリーの徒然

農家民宿の一家が日々の営みの中で思うことつづる場所
社会福祉協議会

私は、ボランチア活動でいくつかの介護施設を訪問している。内容は

呼吸法である。

このようなことから、町の社会福祉協会の会員となっている。通称は社協という。

毎年恒例で今頃はほかの市町村に交流研修という行事を行っている。

今回は田上町を訪問した。ここは平成の大合併に加わらない県内でも数少ない町で

津南も同じである。

県内中央部にあって、隣が加茂市でここも合併しないところである。

およそ2時間で到着したが、役場の周囲は田んぼと畑で町中を避けて

庁舎を作ったようで、まだ完成して間もなようなきれいな建物がいくつか並んでいた。

 

交流研修という内容は、会長挨拶とグループに分かれての意見交換会である。

津南の会長からは相変わらず男性の参加が少ない、というもので、参加がない、

というようなものが実態である。抜本的な企画を持たないと女性ばかりでお茶飲み会を

やっているようなものだ。県の事業で生き生きサロンというものを各地域の公民館で

立ち上げて活動というのがあって、社協は13地区でサロン事業を立ち上げたと

自慢げだが、男性の参加がない。高齢化という現象もあって女性の参加も減少している。

拳骨体操という運動インストラクターによって1時間行うのが手段となっている。

 

田上町はいかがかと聞くと、方向的にはそうだが嘆き悲しむ事態ではないようだ。

津南町では社協ではないが、ジオパーク事業があって男性会員が半分以上である。

男性の場合は、毎回のお茶飲み会は参加したい希望はない。男の興味という視点が

かけているのが原因だがその対策を持たない。

老人会があるが入会希望者が少ない。形を作ればなんとかなるという社会でなくなったのである。

 

田上町では、明治維新の戊辰戦争で活躍した河合継之助の地元であり、長岡藩の維持に失敗して

会津に向かう途中で戦闘で負傷し容態が悪化して自刃した彼を偲ぶ旅行に多くのお客が来ている

そうである。地元から説明役として歴史案内人を募り活動している。このような活動は男性が

希望する。

今回の参加者の中で、ボtランチアと社協の会長のほか男性は自分1名だった。次回からは

不参加としようと思っている。

 

 

 

日々 13:58 comments(0)
初雪

20日月曜日は初雪となった。初雪にしては大雪で地元は27センチという記録で

県内のほかの地域でも初雪記録になっている。

気温も低く雪と低温でまだ冬を迎える作業が半端な自分のようなところでは困っている。

除雪機械が慣らし運転も兼ねてか走り回っていた。

気象予報では晴天になる日はしばらくないらしい。

ラニーヤ現象が発生して、年末は大雪の荒れた天候になるらしい。

 

漬物つくりでたくあん漬けを行った。干した大根が40キロあってぬかと塩とからし

という単純な方法である。酒粕漬けは夏のきゅうり、ナス、刀豆などを漬け込んで

食べ始めた。来月に入ってキムチにかかる。

冬の保存食に発酵食品は最適である。

日々 17:25 comments(0)
秋の収穫

この秋は雨が多く収穫についてはやりにくい。

特にコメが大変だった。晴れ間が少ないから表土が柔らかい。台風の影響で

稲が倒伏している田んぼがほとんどだった。下の土の表面には水が溜まっているから

発芽が始まっている。機械でいっぺんに刈り取るが、乾燥機械に入れてもみすり機械

に入れるとまともな米とくず米に分類される。まともな米が例年に比べると少ない。

また田んぼが柔らかいから収穫機械が素直に動けずに無理するから故障が起こる。

悲嘆にくれるということである。10月はひどかった。

11月に入り晴れ間が戻り気味だがもう遅い。

ニンジン、かぼちゃ、ネギ、サトイモ、大根、大豆などは良いが、白菜、キャベツの

成長が不順で遅い。文句が多い秋となった。

 

ミツバチも同じで、スムシ対策が不十分で失敗している。強い群と思って点検管理

をおろそかにしていた優良群が被害になった。爆発的にスムシが繁殖して蜂が逃げ出した。

合計4群の被害となった。原因jは雨のおおさであるが対策次第と痛感した。

秋じまいして冬が来る前の作業と収穫と重なる。11月は気ぜわしい。

初雪はいつごろか、除雪や雪囲いのことも頭に入れながらの今である。

今月末でだいたいの秋じまいと冬を待つ作業を終えたい。

 

秋山郷の紅葉見物は3日に行った。去年よりは見劣りがするが栄村の屋敷に見える布岩

が見事だった。観光客の車が多く、通行に苦労した。

 

日々 16:20 comments(0)
台湾のお客

先日、台湾から日本国内を旅行しているお客さんが宿泊された。

湯沢のゲストハウスというところから問い合わせがあり、こちらに来ることになった。

秋山郷を見たいというのが目的で、希望を叶えて移動された。

52歳という男性で、9月2日に北海道から日本縦断で11月末には韓国へ渡るという

長期の旅行である。言葉はほとんどが英語で片言の日本語ができる。

スマホを利用して意味不明なところは理解している。

非常に好奇心旺盛な方で、話題がありすぎて話が飛んでいく。

お風呂へどうぞというと、シャワーで十分という。2泊されたが朝夕は寒くて暖房

をつけたぐらいで、冷えるのではないかと心配したがなんでもなかった。

台湾は3000メートル級の山もあるが雪もないし冬でも気温は10度だという。

秋山郷は紅葉が始まっているから見事な景色だと事前説明したがわからないようだったが。

紅葉の仕組みを説明して現地を見て納得された模様である。

定期バスで終点まで行って、歩いて戻ってきたいというのでバスの運行時間と

停留所の時刻を書いたメモを渡して秋山郷に行った。旅慣れているから不安もなく

戻ってきた。

見倉のつり橋を見たかったが数少ないバスの時刻に間に合わせるために行くことがかなわなっかった

と残念がった。

次は妙高高原のホテルに泊まることになっているので心配ないよという。縄文土器の説明をしたら

興味を持たれたの展示してある施設に案内して、職員から詳しい説明で満足っだ。次の目的へ

飯山線で出発された。

日々 16:49 comments(0)
ケチノミクス

表題は今日の毎日新聞社説の表題である。

安倍政権は、アベノミクスに始まって見出しを替えてきた。一億総活性化社会とか

女性活用とか多様にあるが現実としてどうなっているかという検証があるのか。

言い出しっぱなしだろう。真摯に謙虚に丁寧な説明とかいう言葉で言い訳をしている。

もりかけの言葉遊びのような発言であるのを報道で聞いている国民はあきれている。

しかし今日の新聞の世論調査では28パーセントの支持があり、希望の党を上回っている。

きぼうの党の登場から民進党の崩壊現象が発生して、まさに国会は国難である。

それを仕向けたのは安倍政権である。長期の政権が持つゆるみと慢心が根底にある。

かご池学園が安倍晋三小学校という看板を作るという笑い話があった。まことしやかに

報道されたことがくだらない。

 

安倍さんは潰瘍性大腸炎という持病で毎日成長ホルモン剤を服用している。一国の責任者が

薬を常用することで国の責任を全うしていることがおかしいという批判がない。

それをいう人がいるのは事実であるが、なぜ表に出ないのか。

自己免疫力がないから薬を使用して健康体を保つというのは半病人である。

高度に調合されたというホルモン剤の副作用は大脳に及ぶのではないだろうか。

次々に見出しを作り右肩上がりの経済政策と印象図ける姿勢は、社説のごとくである。

勝たねばならぬという観念第一主義で汚染されている。そのもとはこの薬の常用にある。

もはや日本国の政治中枢は薬害の中にある。

日々 16:58 comments(0)
国難解散

国難という言葉が出て驚いた。安倍首相の表現である。

アベノミクスから始まった安倍政治の行き着くところがである。

かけもり問題をうやむやで終わりにしたいという思惑が最も大きい。

北朝鮮とトランプ大統領の子供の喧嘩という情勢が言い訳に絡んでいる。

民進党は解体風前の灯で国難であろう。

小池旋風が日増しに勢いが増して、自民党を吹き飛ばす勢いになりそうという

報道が本当なら、国難だろう。

 

来年から国によるコメの減反制度が廃止となり、米作りが自由になるが、

生産者の売り渡し価格、流通量など不透明のところがほとんどであり、

政権が代わるとどうなるのかという、これも国難の影響か。

 

新潟5区から前の県知事だった泉田さんが自民党から立候補するということが

決まらない。反原発という姿勢に反感を持つ地元の意向が出ている。しかし

県民の意向は反原発だろう。自民党の勢力の過半数割れが現実となるような予感である。

 

阿部首相は潰瘍性大腸炎という持病を持つ。日々、成長ホルモン剤を服用して健康を

維持している。彼の思いの発想とホルモン剤の因果関係がいかにかかわるか。

 

日本は天皇の国だから、恩恵は上から下へ流れる。政治経済社会道徳すべてであるというのが、

アベノミクスに表現されると自信をもって登場した。後ろには日本会議という団体がある。

あの当時のような純粋原理主義が声高になるような気がする。

日々 11:13 comments(0)
秋晴れ

今日は秋晴れらしい。

毎日の雨でうんざりしているから何もしないで過ごしたらどうかと思いたくなる。

 

ミツバチはスムシの繁殖がひどい。3群れが壊滅でもう一つも危機に直面している。

すべてが春の分蜂群で蜂の数が少ないのが共通している。来年の課題だろう。

アカリンダニとサックブルードウイルスが西日本でも被害を広めていて東日本にも拡大している。

長野にも被害は多く新潟でもあるようだ。この地域はまだのようだが心配である。

 

ネットで調べると予防の方法がある。一つはハッカ油を使用すること。もう一つは

乳酸菌である。アカリンダニは防除は可能らしい。乳酸菌もそのようだ。

材料があれば自分で生産可能で、ハッカ油は注文して作ってみた。

これはスムシ対策にもなるので噴霧している。

 

今日と明日は恒例のクラフトフエアーがグリンピア津南で開催されている。前評判が良く

来客も多いと思われる。秋晴れのもとになったので出かけたい。

日々 09:42 comments(0)
農作業

8月の長雨がようやく過ぎ去ったらしい。秋風を感じるようだ。

農作物の生育は良くない。秋野菜の種まきも始めているがどんな様子になるか。

ミツバチの被害がある。スムシの繁殖だ。ミツバチの巣を住まいと食べ物にするがの種類。

湿気が多い木材が好きで、ミツバチ巣箱の底部の隅の方に幼虫を生んで育てる。

ミツバチが多いと繁殖も少ないが、ハチが少ないと多くなって巣の中に入り込んで蜂を

追い出す。

この雨で繁殖が多く2群がだめになった。

日々 09:32 comments(0)
丹田呼吸法

先日、飯山市美術館で開催されている、正受庵と白隠の特別展を見てきた。

主に白隠による絵画が多いが、実物が展示してある。

正受老人こと道境彗端と師匠の至道無難の文字もあり、多彩な展示である。

さすがに正受老人の成り立ちは詳しく、母は真田信之の側室で季雪という名である。

白隠は晩年、長野県内の寺を多く訪問して講話を行い、絵画も残している。

主に飯田方面が多い。歌におせんおばば粉ひき歌というのがあるが、関係あるのか。

すたすたぼうず、という絵があるが、客が来るので酒の肴を買いに行くうれしそうな坊主

の姿。閻魔大王が地獄で悪いことをした悪人たちをかまゆでにしてすり鉢でつぶして食べてしまう、

という絵など、見飽きない。

臨済宗の先輩僧の絵も多い。達磨禅師もある。

正受庵は飯山市の重要文化財に指定されている。明治の初めに廃寺となったが山岡鉄舟と

高橋泥舟が本山の妙心寺に掛け合い再興させたという歴史がある。

白隠24歳、ここで修業をして生涯の師匠に巡り合えた飯山である。

この頃の城主は松平遠州公候である。

日々 09:20 comments(0)
雨雨雨

太陽の顔が見えない空はどうかしている。

畑に出ると草取りと草刈りの日々となる。

先日は飯山から出るシャトル便を利用して、木島平からカヤの高原、切明、栄村津南、という1日コースの旅をした。

木島平の山道は土砂ぶりの雨で最悪だったが、カヤの高原で曇りとなった。

白樺、赤カバと津南では見られない樹木の中に林道がある。

天候が良ければ素晴らしい。

切明の雄川閣で昼食と球形で温泉に入りくつろぐことができた。中津川の左の林道を走り、

ひまわり畑から、森宮駅に着いた。

木島平では案内係が乗り、津南でも案内係が乗った。

ガイドの説明が良く、これから愛好者が増えるだろう。

津南の案内は栄村のボブさんだった。

雇用の時期がおススメだろう。

 

日々 17:37 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS